Image: ACE Communications


「音が左右のどちらかに寄っている」と感じたことがある方に。

耳の穴のサイズ、長さ、角度は人それぞれ違います。さらには左右の耳の内部構造に違いがある人もいます。細かいことまでいってしまうと、耳垢がついている場所や量によっても耳道内での反響環境は変わってきます。だからといって耳掃除をやりすぎちゃうのは危険ですよねー。

じゃあ、左右の耳で聴力検査を行なって、そのデータを元に補正かけちゃえばいいんじゃない?そうすれば左右のバランスがピッタリと整った、アーティストやコンテンツクリエイターが理想とした音響を楽しめるんじゃない?という面白いアプローチをしているのがヘッドホンアンプの「AUMEO AUDIO」。スティーブ・ウォズニアックが審査員を務める、Talent Unleashed Awardを受賞した技術で作られているそうですよ。


17-IMG_4617_2.jpg
Photo: 武者良太


先日開催されたポータブルオーディオ研究会2017夏(東京・中野)の会場で試してみました。初期設定時は各周波数の音が聴こえるか聴こえないか、ギリギリのところにボリュームを合わせていきます。


17-IMG_4603_2.jpg
Photo: 武者良太


プロファイルを保存し、プレーヤーと「AUMEO AUDIO」をケーブルで接続して音楽を再生してみると......おーう。ほほーう。音のフォーカスがピシっと合う! 元々音のヌケがいいプレーヤー&イヤホンを使っているつもりでしたが、スイッチをON/OFFすると違いは一聴瞭然。ONにしたときは、スカッとさわやか日本晴れ感がありますね。

試しにと、他の方がセットしたプロファイルを使ってみると、音のバランスがぐっちゃぐちゃになって笑えてきちゃう。改めて、人によって耳の構造と聴こえ方ってのは全然違うんだなと実感します。Bluetoothレシーバー機能も入っているのでiPhoneと合わせても使いやすいし、再生アプリも好きなものが使えます。なにげにここ、嬉しい。

海外からダイレクトに購入することもできますが、クラウドファンディングのMakuakeでもゲットできますよー。いまなら日本発売価格の25%オフとなる、2万2350円コースが選択できますよー。


Image: ACE Communications
Source: Makuake, ポータブルオーディオ研究会2017夏

(武者良太)