「通常ではありえない異様な体型」だったとして空港の職員がとある女性を調べたところ、胴体に4枚重ねのiPhone102台と高級時計15台を巻き付けていた、という出来事がありました。

深圳罗湖海关截获女“钢铁侠”_新闻中心_厦门网

https://news.xmnn.cn/xmnn/2017/07/11/100225117.shtml

Smuggler busted with 102 Apple iPhones by Shenzhen, China customs officials

http://appleinsider.com/articles/17/07/18/smuggler-busted-with-102-apple-iphones-by-shenzhen-china-customs-officials

中国のメディア・廈門網の報道によると、香港から帰ってきたばかりのある女性が「通常ではありえない異様な体型」をしていることに中国・深圳(シンセン)の羅湖区の税関職員が気づいたとのこと。職員らが女性を取り調べたところ、女性は4枚重ねにしてビニールに包んだiPhoneを衣服の下、胴体部分にぎっしりと巻き付けていました。

女性はデバイスを体に巻き付けた上で、コルセットで固定していた模様。



背中側にもびっしりとiPhone。



お尻や腰にも束になったiPhoneが巻き付けられており、全体的にゴツゴツした体型になっています。



深圳当局によると、これまでにもiPhoneを中国本土に密輸しようとする人はいたものの、通常は12台以下が多く、70〜80台のiPhoneを持ち込もうとする人もまれにいますが、102台のiPhoneと15台の時計を持ち込もうとする人は初めてだそうです。

深圳には世界最大級の電脳街があり、ここで売りさばこうとしていたのかもしれません。

スマホ・PC・ドローンなど秋葉原30個分の規模であらゆるガジェットが手に入る深圳の魔窟・電脳エリア「華強北路」に行ってきました - GIGAZINE



全てのデバイス&時計を並べた様子。



ニュースを報じるAppleInsiderは密輸されようとしていたiPhoneについて「サイズやアンテナの形から多くはiPhone 6ファミリーに見えますが、正規品であるかクローンであるかはわかりません」と伝えています。

中国本土では本体に税金などがかかり、香港に比べて価格が30%高くなるため、密輸を試みる人が後をたたない様子。なお、女性が誰かに強いられて密輸を試みたのか、自分の意志で密輸しようとしたのかは不明です。