この夏飲みたいスターバックスの進化系アイスコーヒー4選

写真拡大 (全11枚)

暑い季節になると飲みたくなるアイスコーヒー。5月19日(金)にオープンしたスターバックス 東京ミッドタウン店では、店舗限定でアイスコーヒーのアレンジドリンクが発売されています。限定メニューが提供される2階は、「STARBUCKS RESERVE(スターバックス リザーブ)」という、こだわりのコーヒー豆のみを使用した特別なフロア。

そこで、ストアマネージャーの北森さんにコーヒー豆のこだわりと、限定メニューの詳細を聞いてきました。

▲スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 東京ミッドタウン店 ストアマネージャー 北森さん

 

■STARBUCKS RESERVEで淹れるコーヒー

「STARBUCKS RESERVE(スターバックス リザーブ)」とは、スターバックスの中でも限られた店舗でしか取り扱いのない、希少性の高い豆のこと。東京ミッドタウン店の2階で楽しめるコーヒーは、すべてこのリザーブコーヒーを使用しています。取り扱う豆は季節によって変わり、常時5種類ほどが用意されています。

▲左から「ニカラグア マラカトゥーラ」「ジャマイカ ブルーマウンテン」「ルワンダ ムササ」「エクアドル ピチンチャ」「ケニア カングヌ」。カードのデザインは、それぞれの豆の特徴を表しています。裏には、産地や、香り、加工法などその豆の情報を記載。味わった豆のカードを集めてコレクションしているお客さんもいます

淹れ方は、サイフォン、プアオーバー(ハンドドリップ)、クローバー、フレンチプレス、エスプレッソ、コールドブリューの6種類から選択が可能。コーヒーに詳しくなくても、香りや、味わいの好み、その時の気分などを伝えれば、豆の種類や淹れ方をオススメしてもらえます。実際にドリンクを味わいながら、豆の産地や特徴などを聞いて、少しずつ自分の好みや、コーヒーの奥深さに気付ける、贅沢な空間です。

▲東京ミッドタウン店では、エスプレッソマシーンに「ブラック イーグル」を使用。抽出作業はすべて手動で行われます。

 

■限定メニューは全4種類

東京ミッドタウン店の限定メニューは

ICED FORM MACCHIATO(アイス フォーム マキアート)
ESPRESSO TONIC(エスプレッソ トニック)
COFFEE STEEPED BEER(コーヒー スティープ ビア)
NITRO COLD BREW COFFEE(ナイトロ コールド ブリュー コーヒー)

の全4種類。順番に紹介していきます。

ICED FORM MACCHIATO(アイス フォーム マキアート)

▲「ICED FORM MACCHIATO(アイス フォーム マキアート)」

アイスフォームマキアートは、ミルク、エスプレッソ、コールドフォームミルクの3層からなるドリンクです。1番上のコールドフォームミルクには、ノンファットミルクを使用。口あたりは滑らかで、ホイップクリームとは違う濃密なクリーミーさが新鮮です。シロップと一緒に泡立てているので、ほのかな甘みを感じます。

<「ICED FORM MACCHIATO(アイス フォーム マキアート)」の作り方>

急冷したエスプレッソを注ぐと、ミルクとフォームの間にエスプレッソが入る様子が美しいですね。仕組みは、アイスミルクフォームよりエスプレッソの比重が重いため、真ん中にエスプレッソが加わるというもの。注ぐ前にエスプレッソを急冷するのは、アイスミルクフォームを崩さないためです。

▲最初の一口目は、かき混ぜず、アイスミルクフォームの口あたりの滑らかさを体感してみてください

 

ESPRESSO TONIC(エスプレッソ トニック)

▲トニックウォーターには、人工甘味料、着色料不使用の「FEVER-TREE(フィーバーツリー)」を使用しています

「ESPRESSO TONIC(エスプレッソトニック)」は、トニックウォーターとエスプレッソのドリンク。トニックウォーターは、華やかさや、甘みのあるコーヒー豆と相性が良く、今回は「ニカラグア マラカトゥーラ」を使用。この豆は、赤リンゴのような清涼感を持つので、トニックウォーターの持つキナの成分と相性が抜群です。後味にえぐみがなく、スッキリと飲めるドリンク。

コーヒー豆の特徴によって相性の良い素材は変わります。組み合わせることによってお互いが引き立つかどうか、そのバランスの良し悪しを見極めることが、美味しく仕上げる秘訣のようです。

<「ESPRESSO TONIC(エスプレッソトニック)」の作り方>

トニックウォーターとエスプレッソの境目の揺らぎが、清涼感を感じさせますね。勢いよくかき混ぜるとグラスからドリンクが溢れてしまうので、ストローを上下させてゆっくりとかき混ぜてください。

COFFEE STEEPED BEER(コーヒー スティープ ビア)

▲「COFFEE STEEPED BEER(コーヒー スティープ ビア)」

「コーヒー スティープ ビア」は、フルーティーな味わいのアルトビールにコーヒーの風味を加えたドリンクです。通常のビールは、樽から直接、管を通してビールを抽出します。「コーヒー スティープ ビア」は、一度、樽からコーヒー豆の入ったタンクの中にビールが移動して、コーヒーの香りや、豆の油を吸収してから抽出されるので、コーヒーの風味とビールの芳醇な旨味のマリアージュを楽しめる一杯です。

▲左側がナイトロコールドブリューコーヒー用、右側がコーヒースティープビア用のサーバー

アルトビール自体の持つ、リンゴを思わせるようなフルーティーさに合わせて、今回は「ケニア カングヌ」を使用することで、グレープフルーツやチョコのような甘みが加わりました。

NITRO COLD BREW COFFEE(ナイトロ コールド ブリュー コーヒー)

▲「NITRO COLD BREW COFFEE(ナイトロ コールド ブリュー コーヒー)」

「NITRO COLD BREW COFFEE(ナイトロ コールド ブリュー コーヒー)」は、コールドブリューコーヒー(水出しコーヒー)に窒素を加えたドリンク。窒素が含まれることによって、ミルクが入っているかのような優しい甘さが生まれます。キリッとしたアイスコーヒーとは対照的な、ふんわりとしたアイスコーヒーです。

<「NITRO COLD BREW COFFEE(ナイトロ コールド ブリュー コーヒー)」の作り方>

注ぎたての状態には、カスケードと呼ばれるグラデーションが生まれます。カスケードとは、小さい滝を意味し、噴水が溢れてヘリのところに水が落ちる様子を指すときに使用される単語です。

水出しコーヒーは、時間をかけてコーヒーの成分を抽出するので、甘さが引き立ち、コーヒーの苦味が前面に出ず、角が取れたアイスコーヒーに仕上がる特徴があります。窒素が含まれることでマイルドさが増した、優しいアイスコーヒーを是非試してみてください。

今まで、コーヒーの楽しみ方はブラックで飲むのが主流でしたが「スターバックス 東京ミッドタウン店」では、コーヒーに詳しくなくても、目新しい商品や、見た目に美しい商品を通して、気軽にコーヒーの世界に触れられます。バリスタとの話を通して、産地や農家の話など、その豆のストーリーを聞くと、まるで旅をして、その国のコーヒーを飲んでいるかのような気分になります。

アレンジメニューを通して、コーヒーのことをより深く知ると、ドリンクを選ぶのが楽しくなりそうですね。

>> スターバックス リザーブ

(文/&GP編集部)