本棚へこだわってみる

写真拡大

あなたは本棚をどのように活用しているでしょうか。雑誌や本を適当に入れている。お気に入りのマンガ本はきっちりと並べてある。あるいは本棚に並べるほど本を持っていない。さまざまな事業があるでしょうが、本棚はいわばその人の頭の中のアウトプットでもあるといえるでしょう。

本棚にこだわりを見せる

成毛眞による『本棚にもルールがある:ズバ抜けて頭がいい人はなぜ本棚にこだわるのか』(ダイヤモンド社)では、効率良い知識の入手のための本棚整理術を紹介した本です。本書において強調されるのは本棚においては「適度な新陳代謝」と「余白」の必要さです。
これは何を意味するものでしょうか。

知識を入れ替えてゆく

本棚の新陳代謝は、すでに読まなくなった本、必要でなくなった本を処分し新しい本を入れ替える必要があるということです。例えば街の図書館などでも、定期的に本棚の内容は入れ替えています。それは蔵書の新鮮度として評価の対象となります。個人の本棚であっても同じことでしょう。余白は、本棚に新しい知識や情報を詰め込むための余裕になります。新しい分野にチャレンジしてみようとする時などは余白が求められるでしょう。さらに本書では社会人として必須のジャンルなども紹介されていますので、これから本棚を構築したいと考えている人にとってもおすすめの本となっています。