プレミア移籍は間近?チチャリート売却をクラブが示唆

写真拡大

『Frankfurter Allgemeinen Zeitung』は18日、「レヴァークーゼンのスポーツディレクターを務めるルディ・フェラー氏は、チチャリートの移籍について語った」と報じた。

今夏のマーケットでレヴァークーゼンからウェストハム・ユナイテッドに移籍する可能性があると言われるハビエル・エルナンデス、通称「チチャリート」。

契約は残り一年でありながらも、1300万ポンド(およそ18.8億円)という移籍金が提示されていると言われている。

ルディ・フェラー氏は彼やベルント・レーノらの去就について以下のように話し、移籍の可能性はあると語った。

ルディ・フェラー(レヴァークーゼン スポーツディレクター)

(チチャリートの移籍については?)

「彼はそのクオリティで多くの関係者から関心を集めているよ。問い合わせは頻繁に受け取っている。

少し待つことが出来る。その後、何かが起こる可能性があるね」

(ベルント・レーノについては?)

「彼はドイツで2番目のキーパーだ。ナポリが尋ねてきたので連絡は取ったが、ハッキリと『チャンスはない』と言ったよ」

(ケヴィン・カンプルは北京国安への移籍が破談になり、モチベーションの低下が噂されているが)

「問題ない。ケヴィンは尊敬できる若者であり、素晴らしい質も持っている。それをクラブにもたらしてきた。彼はそれを続けてくれるだろう」