『ゲット・アウト』 ©2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

写真拡大

映画『ゲット・アウト』が10月27日から東京・日比谷のTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開される。

【もっと大きな画像を見る】

同作は、白人の恋人ローズの実家に招待されたアフリカ系アメリカ人の写真家クリスを主人公にしたスリラー映画。ローズの家で庭を猛スピードで走り去る管理人と自分の姿を見つめる家政婦を目撃して動揺するクリスが、翌日に行なわれたパーティーで見つけた黒人の若者を携帯電話で撮影した瞬間に、彼が豹変し、クリスに襲い掛かってくる、というあらすじだ。異変を感じたクリスがローズと共に実家を出ようとする様を描く。

製作を手掛けたのは『パラノーマル・アクティビティ』『ヴィジット』『ザ・ギフト』などのジェイソン・ブラム。監督・脚本を同作が監督デビューとなるコメディアンのジョーダン・ピールが務めた。黒人の使用人を雇い、パーティーにも白人ばかり集まるローズの家に違和感を覚える主人公のクリス役をダニエル・カルーヤ、恋人のローズ役を『GIRLS』などのアリソン・ウィリアムズが演じる。

なお同作は全国公開に先駆けて、9月17日に東京・浅草公会堂で行なわれる『第10回したまちコメディ映画祭in台東』内の企画『「映画秘宝」presents映画秘宝まつり』で上映される。