hilllander / PIXTA

突然ですが、皆さまは鍵の置き場所ってどうしていますか?

筆者の知り合いの主婦たちに話を聞いてみたところ、皆さん鍵の置き場所に困っているようでした。

ひとり分ならそこまで邪魔にならない鍵も、家族みんなの分となると話は別!

数も多く、それぞれにキーホルダーなどがついていることも多いため、ゴチャゴチャとして玄関が雑然とした雰囲気になってしまう

なんていうこともよくある光景のようです。

■多くの主婦を悩ます鍵置き場問題

antonsov / PIXTA

棚の上に並べて置いてみたけど、かえってゴチャゴチャしてしまった」(32歳/主婦)

家の鍵、自転車の鍵、車の鍵……形も大きさもバラバラの鍵は、いくら一列に並べたところでスッキリした印象にはなりません。

「鍵収納用のカゴを置いてみたものの、なんか乱雑な感じ」(38歳/主婦)

HIRO / PIXTA

たとえば、子ども用の鍵にはキャラクターのラバーキーホルダー、お母さんの鍵にはブランド物のキーホルダー、お父さんの鍵にはレザーのキーホルダーがついていることもあるでしょう。

それぞれのテイストがバラバラというのは、見せる収納には不向きなんです。

「玄関に棚がないので仕方なくバッグの中に入れっぱなしにしているけれど、バッグを変えたときに忘れてしまい、部屋に逆戻りすることが多い」(35歳/主婦)

玄関に棚がない家もありますよね。ちなみに筆者宅もこのタイプです。

こうなってしまうと、鍵の置き場所すら決めかねてしまいます。

■鍵置き場は簡単に作れる!

意外にみんな困っている鍵の置き場所、だったらプチDIYでつくっちゃいませんか?

【用意するもの】

・ブックエンド
・粘着テープ付きのフック
・(必要なら)空き瓶など
・(必要なら)グルーガン

【作り方】

ブックエンドに必要な分だけフックを貼り付ければでき上がり!

ちなみに筆者は、下駄箱の中に入れています。

ただ、鍵やキーホルダーに重量があるとブックエンドがひっくり返ってしまうので、後ろに重りを付けておくことをオススメします。

小さな瓶などを貼り付ければ、印鑑を入れておけるので便利ですよ。

瓶は、グルーガンならしっかりと接着することができます。

「これじゃ足りない!」という人は、家族の人数や鍵の数に合わせてブックエンドの個数を増やしたり、

ブックエンド自体を大きめのものに変えてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?

これなら壁に穴をあける必要もなく、粘着テープでどこかを汚すこともありません。

壁を傷つけたくない、賃貸で壁に穴をあけられない、という人にもぴったりだと思います。

鍵の置き場所が決まらなくて困っているという人は、ぜひお試しくださいね!