本田のメキシコ移籍、日本代表での復権後押し 米メディア「心臓部に戻ることを意味する」

写真拡大

パチューカで新天地デビューの準備が整う本田、背番号は2に決定

 

 日本代表FW本田圭佑がメキシコ1部パチューカの入団記者会見に出席。

 背番号は2に決定し、スペイン語で挨拶するなど新天地デビューの準備が整うなか、本田のメキシコ移籍は「日本代表の心臓部に戻ることを意味する」という声も出ている。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

 

 本田は3年半のミランでの日々に別れを告げて、メキシコに渡った。この移籍はハリルジャパンで定位置を失ったかつてのエースの復権を後押しする可能性があるという。

 

「アジアで最も創造性を持つスターの一人が日本代表の心臓部に戻ることを意味するかもしれない」

 

 記事ではこう分析している。ミランでは昨季ベンチ要員となり、出番を失った。先発はわずか2試合で、代表戦でも試合勘の欠如を露呈。代表でのパフォーマンスに影響を与え、ウインガーの先発の座には原口元気(ヘルタ・ベルリン)と久保裕也(ヘント)が就いていた。バヒド・ハリルホジッチ監督も本田にこう語っていた。

 

「本田にはもっとレギュラーとして試合に出てもらう必要がある。代表には本田が必要だ。彼は最高の得点者で最高のパサーでもある。だが、彼が十分にプレーしていないのならば、私は明確なメッセージを伝えていると思う。代表でプレーを続けたいのなら、本田にはもっとプレーすべきと説明している」

 

 

 

「メキシコ移籍はハリル喜ばせる」と分析

 

 本田は今回のメキシコ移籍に伴い、ハリルホジッチが求めていた出場機会を手にする可能性が高まっている。

 

 記事では「メキシコ移籍はハリルホジッチを喜ばせるものだろう。本田は重要な(ロシア・)ワールドカップ予選を前にプレータイムを手にすることができる」と指揮官も歓迎すると分析したうえで、「体調がフィットし、調子を取り戻した本田は大きな加速力を生み出す」とも評価している。

 

 メキシコでパフォーマンスを高めることができるのか。本田の挑戦に海外からの注目も集まっているようだ。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

 

【動画】パチューカのYouTube公式チャンネルで公開された本田ら新戦力の入団記者会見の様子

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=XLcAYPxJIxI

パチューカのYouTube公式チャンネルで公開された本田ら新戦力の入団記者会見の様子