遊女の誠はどこに?神罰をも恐れない吉原遊女の客人を落とすテクニック

写真拡大

前回は、吉原遊郭で行われていた『心中立』略して心中と呼ばれた6つの行為について『断髪』と『放爪』の2つを紹介しました。

嘘泣き、断髪、爪剥がし!?吉原遊郭の恒例、遊女とお客の駆け引きバトルは凄まじい

今回は、『起請文(きしょうもん)』と『入れ墨(いれぼくろ)』を川柳や都々逸を交えて紹介していきます。

神様をも巻き込んだ大騒ぎ!起請文とカラスの関係は?

吉原に限らず、遊里で多く使われた心中の手段としてメジャーなのが『起請文』。略して起請、熊野誓詞とも呼ばれました。和歌山の熊野神社で配布される3枚の神札に「我らは二世を契った仲です」との文章を記して誓いの血判を押し、男女が1枚ずつ取って残りを神社に納める慣わしがありました。

誓いに背くと熊野神社の使いであるカラスが死んでしまい、背いた者も吐血して死んだ後、地獄行きになるという厳しい罰があると言われたのだから、これは守らざるを得ません。しかし、そうした神罰をも畏れないのが吉原遊郭のパワーでした。

川柳に『熊野では 今日も落ちたと 埋めてやり』と詠まれているように、余りにも起請が破られることを皮肉った作品があったほど。いつの間にか75枚(客人25名分)までは神仏も咎めないと言う信仰が生まれたりと、神罰を回避する方法が生まれていたのです。

こうした世の風潮を巧みに歌いこんだ都々逸こそが、高杉晋作の『三千世界の烏を殺し、ぬしと朝寝がしてみたい』(都々逸とは?)という傑作なのですが、これでは配下を死なせねばならない熊野の神様と犠牲者になるカラスが困りますね。

誓いの入れ墨なのに洗い落とせる!?

月岡芳年「風俗三十二相 いたさう 寛政年間女郎の風俗」

神罰を前提としたお札にさえ対処法があったのですから、人体に誓いの印を刻み込む入れ墨に至っては、尚のこと規制緩和が進んでいました。例えば、客人の名前が「十」が付く名前ならば「二五命」。名前が「徳●●」「権●●」ならば「徳様」ないしは「権様」のあとに命を彫り込み、命懸けであなたを思う、と記していたのです。

しかし、そんなことをすれば『商売道具』である身体に傷が付きますし、痛みや病気も覚悟せねばならなかったので、遊女も策を練りました。それが、洗い落とせる入れ墨を書き込むやり方です。

杉浦日向子著『江戸にようこそ』では、照明の暗さを利用して油性の物で入れ墨を書いてチラリと見せる方法が取られていたこと、客人も疑って入れ墨が落ちなければ面目が丸つぶれになったことが記されています。まさしく、遊女の誠はないのと客もまた粋を目的に遊んだ、吉原らしい作戦ですね。