パチューカ移籍の本田圭佑がスペイン語で挨拶! パチューカ移籍の理由は「日々熱くなれそう」

写真拡大

▽パチューカへと移籍加入した日本代表FW本田圭佑が、現地で新入団選手の発表会に登場。スペイン語での挨拶を行った。

▽2016-17シーズン限りでミランとの契約が満了を迎え、退団し移籍先を探していた本田は、14日にパチューカへの移籍を発表。突然のメキシコリーグへの移籍は大きな話題となった。

▽この日、新加入選手のお披露目を行ったパチューカだが、本田は誕生での挨拶でスペイン語を披露。前日に準備したと明かし、会場から笑いも誘っていた。

「Soy Keisuke. Yo estoy muy contento de estar aqui. Muchas gracias. Yo quiero ayudar lo mas pueda al equipo, pero yo prepare es que espanol ayer. Entonces porfavor ablen espanol de spacio. Muchas gracias」

「私は圭佑です。ここに来れたことを非常に満足しています。ありがとうございます。チームを助けたいと思っていますが、スペイン語は昨日準備しました。なので、ここではスペイン語で話してください。ありがとうございます」

▽また、会見後に本田は自身のツイッター(@kskgroup2017)でパチューカ移籍の理由について明かし、

「なぜメキシコか?なぜパチューカか?という問いに対する理由の1つが無難な選択をしようとしていた自分に腹が立っていたんです。そんな自分が退屈で。。そんな中、日々熱くなれそうなチームだったのがまだまだ僕のことを知らないメキシコでありパチューカでした。」

▽なお、本田の背番号は「02」となり、ネームは「KSK」となるようだ。