ネイマールがPSGのオファー受け入れたと報道

写真拡大

ブラジルでチャンピオンズリーグのテレビ放映権を所有するターナー・グループのメディア『Esporte Interativo』の報道によると、FCバルセロナのブラジル人ストライカー、ネイマールは既にPSGのオファーを受け入れ、カンプノウを離れる決断を下しているという。

【関連記事:独占 ネイマールと父親の密談】

同メディアの編集者、マルセロ・ベックラーによると、PSGはネイマールの契約解除金2億2,200万ユーロ(約287億円)を支払う意向であり、契約の正式発表は2週間以内に行われるはずだという。

さらにPSGが備えているスポーツプロジェクトがネイマールを説得する上で決定的な役割を果たしたと述べた。
ネイマールはPSGのエースとなり、チームは彼を中心に回る事となるという。
さらにダニエウ・アウベスの加入も追い風となったと強調している。

そのニュースが報じられた後、ブラジル国内には大きな衝撃が走り、多くのメディアが『Esporte Interativo』の報じた内容を広めた。

一方、これらの報道に対するFCバルセロナの副会長、ジョルディ・メストレの反応は対照的で「ネイマールは200%バルサに留まる」と断言している。