画像提供:マイナビニュース

写真拡大

完実電気はFenderのBluetoothスピーカーとして、ポータブル向けの「NEWPORT BLUETOOTH SPEAKER」と据え置き型の「MONTEREY BLUETOOTH SPEAKER」を、7月24日に発売する。直販価格(税別)はNEWPORTが24,800円、MONTEREYが44,800円。いずれもFenderのギターアンプのデザインを採り入れている。

○NEWPORT BLUETOOTH SPEAKER

NEWPORTは、コンパクトながら30Wの出力を実現したBluetoothスピーカーだ。ウーファー×2基とツイーター×1基を内蔵。天面には「Bass」と「Treble」のコントロールノブを備え、サウンドの調整ができる。BluetoothのコーデックはaptXやAACに対応。3.5mmのオーディオ入力端子も搭載している。

内蔵バッテリーでは、12時間の連続再生に対応。デバイスの充電も可能で、スマートフォンを約2回フル充電できるという。サイズはW7.5×H13.3×D18.41cm。重量は1.5kg。ACアダプター、3.5mmオーディオケーブル、充電用USBケーブルが付属する。

○MONTEREY BLUETOOTH SPEAKER

MONTEREYは、ギターアンプ「'68 Custom ampliifier」をイメージしたデザインのBluetoothスピーカー。ウーファー×2基とツイーター×2基を搭載し、出力は120Wとなっている。NEWPORTと同様、「Bass」と「Treble」のコントロールノブを装備。BluetoothのコーデックはaptXやAACに対応する。入力端子は、3.5mmのオーディオ入力端子だけでなく、RCAアナログも搭載した。スピーカー背面には「SHAPE」ボタンを備えており、ベースを強調する、ボーカルに焦点を当てるなどのサウンド調整ができる。

サイズはW34.3×H24.76×D13.2cm。重量は6.8kg。ACアダプター、3.5mmオーディオケーブルが付属する。