距離なんかに負けない!遠距離恋愛で上手く付き合っていく方法

写真拡大



こんにちは、コラムニストの愛子です!


転勤や留学など、仕事や夢のために仕方なく遠距離恋愛になってしまうカップルは多いと思います。人生のための重要な選択のためとは言え、離ればなれになるのはつらいですよね。
でも、くよくよしていても仕方がない!ここは、彼氏や自分の人生を大切にしながらも、距離に負けず愛を深めていこうじゃありませんか!今回は、すでに遠距離恋愛中の方にも、これからそうなる方にも、おすすめの方法をお届けします。

■1.マメに連絡を取り合う

「マメに連絡を取り合っていれば、そばにいるみたいな気がする。彼にいつも私のことを想っていてほしいから、マメに連絡するようにしているよ」(22歳/女性/接客)


そばにいない生活が当たり前になると、そのまま心が離れていき、「いなくてもいいかも」とどちらかが思うようになってしまうことも。マメに連絡を取り合っていれば、離れていても毎日お互いの存在を感じられます。忙しくて連絡できない日でも、「おはよう」や「おやすみ」くらいのやり取りはできるといいですね。

■2.何でも話す

「重要なことはもちろん、些細なことでも、何でも話すようにしているよ。そうすれば距離は離れていても、心は繋がっていると思えるから」(24歳/男性/サービス)


いくらマメに連絡を取り合っていても、大切なことを勝手に決められていたり、知らない間にお互いの生活に変化があったりすると寂しいもの。会えていれば何とも思わないようなことでも、離れていると「どうして言ってくれなかったの?」と感じることもあるでしょう。


仕事のことや将来の話など大切なことはもちろんですが、「髪を切った」「服のジャンルを変えてみた」など、日常の他愛ないことも話すようにするといいでしょう。何でも話すことで、お互いを身近に感じられ、距離に負けない関係が築けるはずです。

■3.連休がとれたらお互いを最優先する

「普段はなかなか会えないから、連休がとれたら彼女を最優先するようにしているよ。彼女もそうしてくれるから、お互い会える日を楽しみに頑張れている」(29歳/男性/建築)


なかなか会うことができない遠距離恋愛。だからたまの連休は貴重ですよね。そんなときにちゃんとお互いを優先できるカップルは、距離を乗り越えていけるはず。


ひとりの時間や友達と遊ぶことも大切ですが、遠距離恋愛中はなるべく彼氏を優先しましょう。普段なかなか会えないのに、せっかくの連休に他の用事を入れると、「気持ちが冷めてしまったんじゃないか」と彼を不安にさせてしまうかもしれません。あなたが彼を優先することで、彼もおなじく、あなたを中心に時間を使ってくれると思いますよ。

■4.相手のことを信じる

「離れているから心配になることもあるけど、疑いはじめたらキリがない。だからちょっと不安になるときがあっても、彼のことを疑わず、信じるようにしているよ」(26歳/女性/美容)


離れていると、ちょっと返信が遅いだけでも不安になったり、心配になったりすることもあると思います。でも疑ってばかりいてはお互いに辛いだけ。


LINEや電話で「私のこと好きじゃなくなったの?」「昨日どこいってたの?誰といたの?」などと疑うようなことばかり言われたら、彼はうんざりしてしまうでしょう。そんな態度が別れの原因になってしまうこともあります。会えないからこそ、彼を信じる気持ちを大切に。ちょっと不安になっても、何も根拠がないのなら「大丈夫。彼は私を愛してくれている」と思い直すようにしてみてください。

■おわりに

ちゃんと心が繋がっていれば、工夫次第で距離に負けず愛を育んでいけるはず。いつかまたそばで過ごせる日を楽しみに、頑張ってください!(愛子/ライター)


(ハウコレ編集部)
(@cashe_cashe2525/撮影)