叡山電鉄叡山本線の終着駅、八瀬比叡山口。この山あいの小さな終端駅が、たった一日だけビアホールに変わる――。

その名も「八瀬えいでん《駅》地ビール祭り」。8月19日、八瀬比叡山口駅に停車した電車を「ビアトレイン」、ホームを「ビアホーム」と位置づけ、12:00〜18:00の間で開催します。

「普段とは違った雰囲気の中で、京都・一乗寺、岩手県、丹波篠山などのおいしい地ビールと、京都で生まれ地元に愛されている店のフードを楽しんで」(叡山電鉄)

出店店舗は、一乗寺ブリュワリー、山岡酒店、ジグザグブルワリー、わびすけ、リンク、ソルプレーザ、粉屋珈琲。フードは揚げぎょうざ、名物チキン、京都ピザ、ホットドッグ、コーヒーなど。岩手県美味&ええもんコーナーでは、サヴァ缶、さんま昆布味噌煮缶、三鉄サイダーなどが販売されます。

また、この地ビール祭りにあわせて、出町柳駅から八瀬比叡山口駅まで地ビール電車(800系2両編成))を運行。ビールサーバーとスタンディングバー風のテーブルが設置され、車内で地ビールが楽しめます。

この地ビール電車には、事前に「地ビール電車チケット」を叡山電車Yahoo!ショップで購入して乗車。発売は7月19日から。60枚限定、1枚1500円。チケット料金には出町柳〜八瀬比叡山口間の往復乗車券と、地ビール引換券2枚、おつまみ1個、オリジナルビアグラス1個が含まれています。

高野川のせせらぎ、叡電の足音を聞きながら、乾杯――。