ゲームプラスにはあしかけ3年でたどり着いたと語る、川邊健太郎 副社長執行役員 最高執行責任者

写真拡大

 ヤフーは7月18日、恵比寿ガーデンルームで説明会を開き、新ゲームプラットフォームとなる「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」をオープンすると発表した。本日18時より計39タイトルを配信し、順次拡大する予定。

 説明会にはゲストとしてインパルスの堤下敦さん、板倉俊之さん、女優の倉持由香さん、佐野ひなこさん、声優の花江夏樹さん、将棋棋士の加藤一二三さんが登壇。ゲームプラス用の新作として配信されるスクウェア・エニックスの新作「アンティーク カルネヴァーレ」と、Wizcorpの「揃えて消してマカロン ぼちゃもぐ」の紹介を行った。

 ゲームプラスは「HTML5ゲーム」「クラウドゲーム」の2種類の形式を採用。PCやスマートフォン、タブレットのブラウザ上に緻密な描写や多彩な動画表現を実現する高品質なゲームの配信が可能になる。7月18日現在、スクウェア・エニックス、レベルファイブなど全52社が参画し、HTML5ゲームとして「アンティーク カルネヴァーレ」「揃えて消してマカロン ぼちゃもぐ」など12タイトル、クラウドゲームとして「FINAL FANTASY X HD Remaster」(FFX)など27タイトル、合わせて39タイトルを配信する。

 登壇したヤフーの川邊健太郎副社長執行役員 最高執行責任者(COO)はゲームプラスについて「ハードに縛られていたゲームがいつでもどこでもWebでできるようになる。ゲームの常識を超えて覆すプラットフォームとなるゲームプラスに期待してほしい」と語った。(BCNメディア編成部)