ラドクリフ、引ったくり被害者助けに駆けつける

写真拡大

ダニエル・ラドクリフが7月14日、ロンドンで起きた引ったくり事件の被害者の助けに駆け付けたという。現場の近くにいたダニエルは、オートバイに乗っていた2人組からルイ・ヴィトンのバッグを奪われた50代の男性の元へ、すぐに助けに駆け付けたそうだ。

その場に居合わせたデヴィッド・ヴィドセット氏は、当時の状況をロンドン・イブニング・スタンダード紙にこう語る。

「実に非現実的な瞬間でした。私は思わず『ダニエル・ラドクリフさんですよね?』と聞いたんです。そしたら彼は『そうですよ』と答えました」
「彼は本当に親切な人です。なかなかできることではありません。被害に遭った人はとても怯えていました」

ナンバープレートの付いていない原付バイクに乗った2人組は、ターゲットを探して徘徊していた様子だったそうで、ヴィドセット氏が警察に通報していたところ、高級そうなルイ・ヴィトンのバッグを無理やり奪い取り、被害者の男性の顔をナイフで切りつけて逃走したという。

ロンドン警察によると、午後6時頃に起きたその事件の犯人はまだ捕まっておらず、捜査を続けている状況だという。