ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

グランドスラムV、復活フェデラーに刺激を与えた存在「自分を奮い立たせる手本」

 男子テニスロジャー・フェデラー(スイス)は、16日に行われたウィンブルドン決勝でマリン・チリッチ(クロアチア)を下し、大会史上最多となる通算8度目の優勝を手にした。自身が持つグランドスラム最多優勝記録を19に伸ばしたテニス界のレジェンドだが、刺激を受けるスポーツ選手はいるのか。「自分を奮い立たせる手本」として、スポーツ界の偉人の名前を挙げている。イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」が報じた。

 14日間にわたる戦いを終えたフェデラーは、優勝者のパーティー「チャンピオンズ・ディナー」に出席。勝利の美酒に酔いしれた翌日、華麗な復活劇に刺激を与えた人物たちに触れたという。

「大きなインスピレーションを与えてくれるのはボルト、マイケル・ジョーダン、レブロン・ジェームズ、バレンティーノ・ロッシ、そして、ミハエル・シューマッハなんだ」

 記事内でフェデラーが列挙された5人は、錚々たる顔ぶれだ。

 “人類最速男”と呼ばれる陸上短距離の100メートル世界記録保持者ウサイン・ボルトに始まり、“バスケットボールの神様”ジョーダン、同じくバスケ界から“キング”の異名を取るNBAキャバリアーズのレブロン・ジェームズ。さらにイタリアが誇るオートバイレーサーで「史上最強のライダー」の呼び声高いバレンティーノ・ロッシ、そして、元F1ドライバーで歴代最多となる優勝91回を誇るミハエル・シューマッハと、その競技で頂点を極めた王者たちである。