全米オープンの賞金増額、男女シングルス優勝者に370万ドル

写真拡大

「全米オープン」(8月28日〜9月10日/アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)の賞金総額は、今年初めて5000万ドル(約56億円)にもおよぶことになった。男女のシングルス優勝者にはそれぞれ370万ドル(約4億1000万円)が贈られる。

 全米テニス協会は火曜日に、大会の賞金総額は昨年と比べ約9%アップの5040万ドルになると発表した。昨年の全米オープン優勝者、スタン・ワウリンカ(スイス)とアンジェリック・ケルバー(ドイツ)はそれぞれ350万ドルを獲得している。

 男女シングルス準優勝者は昨年の175万ドルから増額し、182万5000ドルへ。

 男女のダブルス優勝者には全米オープン史上最高となる67万5000ドルが贈られることになった。

 シングルス本戦1回戦敗退者の賞金は5万ドルとなり、これは昨年と比べると6700ドルの増額となる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は2016年全米オープン表彰式。優勝のスタン・ワウリンカ(スイス/左)と準優勝のノバク・ジョコビッチ(セルビア/右)(写真◎Getty Images)
Photo: NEW YORK, NY - SEPTEMBER 11: Stan Wawrinka (L) of Switzerland and Novak Djokovic (R) of Serbia pose with their trophies after their Men's Singles Final Match on Day Fourteen of the 2016 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 11, 2016 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. Wawrinka defeated Djokovic with a score of 6-7, 6-4, 7-5, 6-3. (Photo by Michael Heiman/Getty Images)