「無難な選択」は退屈…本田、メキシコ移籍の理由は「日々熱くなれそう」

写真拡大

 14日にメキシコのパチューカへ加入することが発表された日本代表FW本田圭佑が、移籍の経緯や理由を明かした。同選手は18日にツイッターを更新。思いをつづっている。

 昨シーズン限りでミランを退団した本田。複数の移籍先候補が報じられて去就に注目が集まる中、新天地に選んだのはメキシコだった。今年12月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるFIFAクラブワールドカップ 2017への出場も決まっている名門で、新たなスタートを切ることとなる。

 本田は「なぜメキシコか?なぜパチューカか?という問いに対する理由の1つが」と思いを記し始め、「無難な選択をしようとしていた自分に腹が立っていたんです。そんな自分が退屈で。。」と、移籍先を選ぶ際の心境を吐露。以下のように続けた。

「そんな中、日々熱くなれそうなチームだったのがまだまだ僕のことを知らないメキシコでありパチューカでした」

 ともにセリエAの舞台で戦ってきたインテルの日本代表DF長友佑都からは、移籍発表当日にツイッターにて「見知らぬ土地と環境で勝負するのは、想像以上に大変だろうけど、頑張ってほしい」とエールを贈られた本田。見知らぬメキシコの地で、新たな挑戦に向かう。

https://twitter.com/kskgroup2017/status/887437310714716160