渡辺謙「誰?-WHO AM I?」より

写真拡大

 今月15日、不倫疑惑について会見を行った俳優の渡辺謙(57)に対し、芸能界からもさまざまなコメントが寄せられている。17日放送の『バイキング』(フジテレビ系)では、会見を見た司会の坂上忍(50)が「謙さんの気持ちを思うとつらいな」と発言。また浮気騒動から3カ月半たってからの会見についても、「日本の芸能界のルールに謙さんが合わせた形なのかなという印象」として、絶妙なタイミングであると評価した。

 さらに、現在離婚騒動で話題になっているタレントの松居一代(60)と俳優の船越英一郎(56)夫妻と比べ、「良識があるように見える。得したな」と、渡辺の会見について称賛を続けた。同番組に出演していた元衆議院議員の東国原英夫(59)も坂上の意見に賛同、渡辺の冷静沈着な対応を褒め称えた。

 しかしその一方で、渡辺ばかりが擁護される姿勢に疑問を呈する声もある。16日に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)では、医師の西川史子(46)が、「謙さんには優しいというか、甘いなってすごく思った」と発言。妻で女優の南果歩(53)が乳がん手術後の闘病中であることや、不倫発覚後3年越しで付き合っていた不倫相手とすぐに別れるという点に触れ、「昨今のゲス不倫の中でも結構すごいことをやっているのに、『謙さんだとまぁいっか』みたいな」と、歯切れの悪い報道について言及している。

 ネット上でも西川に対して共感する声は大きく「すごくそう思った」「よく言った!」「相手によってはボロクソだもんな」といった意見が挙がっている。このような芸能界やマスコミの渡辺に対する寛容な姿勢について、関係者は芸能界のポジションが如実に現われていると話す。

■渡辺謙の騒動は腫れ物?

「俳優の中でも、“いじっていい人”“いじってはいけない人”がいる。明確に決まっているわけではないですが、渡辺は完全に“いじってはいけない人”の分類。いまやハリウッド俳優でもある渡辺を、芸能ニュースで茶化すのは良くない、茶化しても誰も得しないという雰囲気があるのでしょう。とくに同じ芸能界にいるタレントがコメントするとなると、そういった見えない何かが働くと思います」(芸能関係者)

 また昨今の「ゲス不倫」などと比較して、渡辺の報道が穏やかなのは、芸能ニュースを報じる報道側の内情もあるようだ。

「渡辺の場合は、不倫に関して話題の広げようがないのが実情。継続的なネタがないと報道を続けにくい。昨年のベッキー(33)の不倫騒動があれだけ盛り上がったのは、追加のスキャンダルが大きかったから。ベッキーの場合はLINEの画像が決定打になりました。渡辺の場合はこうしたものもないので、報道側としてはこれ以上報道しようがないため、そこまで取り上げないんです」(芸能記者)

 現在は、船越英一郎と松居一代の“泥沼不倫問題”が頻繁に取り上げられているが、松居の暴走と言ってもいい言動が記事になることがほとんどだ。そういった不倫騒動とは異なり、渡辺の話題はすでに謝罪も済ませている。対応のタイミングだけでなく、本筋以外の続報がなかったことも功を奏したのかもしれない。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。