高給かつ競争率が低い仕事 米国内ランキング発表

写真拡大

転職活動が楽に終わることはめったにない。履歴書を整理し、気に入った求人を複数見つけ、職務内容と会社について調べ、採用担当者の目に留まる応募書類を作る。これに他の求職者との競争が加わると、不安度はますます大きくなる。

だが、給与の高い仕事の中には、競争率が比較的低いものがある。志望者や資格のある人材が少ない職だ。

米キャリア情報サイトのグラスドア・ドットコム(Glassdoor.com)は先月、競争率が比較的低く、年収が10万ドル(約1100万円)以上の仕事をまとめたランキングを発表した。競争率の低さは、同サイト上での求人件数に対する求職者のクリック数が基準となっている。トップ10は以下の通り。(かっこ内は基本給の中央値)

1位 投資銀行アソシエイト(13万2500ドル、約1500万円)
2位 精神科医(20万ドル、約2300万円)
3位 ソフトウエア開発エンジニア(11万3000ドル、約1300万円)
4位 システム構築担当者(12万ドル、約1400万円)
5位 病院総合医(21万ドル、約2400万円)
6位 小児科医(16万ドル、約1800万円)
7位 医師助手(10万ドル、約1100万円)
8位 メディカルマネジャー(20万ドル、約2300万円)
9位 システムマネジャー(10万3000ドル、約1200万円)
10位 情報セキュリティーエンジニア(10万ドル、約1100万円)

1位は投資銀行アソシエイト。グラスドアはその業務内容について、「企業の売買や新規上場のための金融モデル構築などのビジネス上の決定を下す他、銀行が新規の顧客や取引を獲得するための分析的な営業資料やスライド資料も作成する」と説明している。

2位は精神科医。グラスドアは米誌USニューズ&ワールド・レポートからの情報として、精神科医の数が減る一方で、医療保険制度改革(オバマケア)により保険適用範囲が拡大したことで需要は高まっていると指摘している。

3位はソフトウエア開発エンジニア。開発とシステムエンジニアリングの両スキルが必要な職種だ。グラスドアによると、同職の求人数は求職者数を上回っている。