それじゃ続かない!「すぐに終わってしまう恋」にありがちな共通点

写真拡大



付き合ったのはいいものの、長続きすることなくすぐに別れを迎えて終わってしまう。


そんな恋愛が多い人は、何か改善すべき点があるのかも。自分の恋愛を見直してみることも大事です。


そこで今回は、「すぐに終わってしまう恋」にありがちな共通点を紹介します。

■1.「寂しさ」から付き合ってしまう

「ひとりでいるのが寂しくて、とりあえずで付き合ってしまうと、間違いなく後悔することになりますね。やっぱりちゃんと見極めてからじゃないとダメですね」(22歳/女性/学生)


寂しかったり人恋しかったりするときには、それを解消したいがためにとりあえず付き合ってしまうなんてこともあるかもしれません。
ただ、それだけで付き合っても、結局はすぐに終わりを迎えてしまうだけ。そもそも好きな人でないと過ごしても楽しくない、好きじゃないから、相手のちょっとしたことが許せない、など。
「なんでこんな人と付き合ったんだろう」と、後悔する可能性の方が圧倒的に高いでしょう。
イベント前などには人恋しくなったりもしやすいので、特に気をつけてくださいね。

■2.「本音」を言うことができない

「自分の本当の気持ちを言うことができないままでいると、いずれその不満が爆発しちゃいますね。言いたいことは、ある程度は言うようにあいないとな、とは思うんですけど」(24歳/女性/事務)


大好きな彼氏には嫌われたくないと感じるのは当然のこと。
でもだからといって、自分の本音を押し殺してばかりいたら、確実にストレスや不満が溜まっていってしまいます。
不満は小出しにしていかないと、いずれそれが大爆発して取り返しのつかない状態にもなりやすいです。我慢も、ずっとし続けられるものではありません。素直に気持ちをぶつけられない相手とは、長続きする恋愛はできないでしょう。

■3.いきなり「飛ばしすぎてしまう」

「付き合えたうれしさから、調子に乗って飛ばしすぎてしまうと、すぐに飽きてもしまいますね。若い頃は、それで失敗してしまった恋愛が多かったですね…」(26歳/女性/広報)


大好きな男性と付き合えたら、うれしくて仕方がなくて、いきなりラブラブモード全開で飛ばしたりもしがち。
ただ、その分、失速するスピードも速くなってしまいやすいです。
ラブラブなのは悪いことではないですが、飛ばしすぎるとお互いにすぐに飽きてしまうだけ。
毎日ずっと一緒にいたり、一日中ずっとLINEで会話をしたりしていると、早い段階でうんざりされてしまう可能性も高いですよ。

■4.どちらかの「思い」が強すぎる

「私の好きという思いが強すぎて、相手に嫌がられてしまうことがよくありますね。重かったり息苦しかったりするみたいで、すぐに別れちゃうこともあります…」(25歳/女性/出版)


どちらか一方の思いだけが強すぎると、どうしても関係のバランスが取りづらく、うまくいかない傾向にあります。思いが強い方は「いつも好きっていうのは私だけ」なんて思いやすいし、逆に相手からすると重荷に感じたりもしやすい。


それでは結局お互いに不満が溜まり、別れにもつながってしまうでしょう。自分の思いばかりをぶつけてしまうのは、悪い方向にいってしまうこともあるので、注意した方がいいですよ。

■おわりに

勢いだけで付き合ってしまうと、やはりそれはなかなか長続きはできません。付き合う前に一度冷静になってちゃんと考えてみることも、すぐに終わってしまう恋をしてしまわないためには必要不可欠なことでしょう。 (山田周平/ライター)


(ハウコレ編集部)
(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)