【立ちそば放浪記】のど越し抜群のそばが “冷やし” にベストマッチ! 真夏のオアシス・西新宿『大橋や』

写真拡大


灼熱の日差しにギラリと光るガラス張りビル群、いつの間にか鳴き始めた蝉の声。じーわじーわ。梅雨どこ行った!!!! アスファルトを叩き割りたくなるほどに夏である。水……水をくれ……。

そんな時、立ち上る陽炎の向こう側にそば屋がゆらめいていることに気づいた。看板に書かれた文字は『大橋や』。西新宿という炎熱地獄にオアシスを見た!

・オアシス内部

店内に入ると、U字型に張り出したカウンターに設置された席はほぼ満員状態。空いている席に肩を寄せ合う感じで座ると、『冷やしかき揚げそば(380円)』を注文した。
店の回転は早く、ぽんぽん客が入れ替わっていく。私(中澤)が注文したそばも数十秒でカウンターに置かれた。存在感あるかき揚げ天を冠する細めの冷やしそばは、見た目ですでに涼しい。いただきます!

・清涼感、そして清涼感

コシのある麺を噛むと、そばの香ばしさが口の中に広がった。ウマイ! さらに、のど越しも抜群で、食べ終わった後、口の中がさっぱりとするような清涼感。「冷やし」にベストマッチなそばだ。
大きめのかき揚げを食うと、油っこさがちょうど良い箸休めに。かき揚げを食べるとそばが食べてくなり、そばを食べるとかき揚げが欲しくなる。かき揚げ、そば、かき揚げ、そば! ヤヴァイ!! 箸が止まらねーーーーーー! と、そこで衝撃の事実に気づいた。
店に入ってから水飲んでない。そう、そばの清涼感が抜群すぎて水を飲むのを忘れていたのだ! バ、バカな!! 私の体は、アニメ『北斗の拳』オープニングのバット並みに弱っていたはず……だが、この体にみなぎる力はどうだ? ここのそばは清涼感において水を超えているとでも言うのか!? ケーン!
とりあえず、水を飲んで落ち着いた。核の炎に包まれた世紀末さえ生ぬるい夏の西新宿。そんな地獄を生き抜くためにはオアシスが必要だ。西新宿民は『大橋や』で愛を取り戻せ!

・今回紹介した店舗の情報

店名 大橋や
住所 東京都新宿区西新宿8-15-3
営業時間 月〜金7:00〜20:00
定休日 土曜、日曜、祝日

Report:立ちそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記」

この記事の動画を見る