食べれば気分はパリのカフェ!『メゾン・イチ 代官山』のクロックマダム|by PARISmag

写真拡大 (全13枚)

毎日の暮らしのなかで少しだけ心が弾むような豊かさをお届けするWEBマガジンPARISmag(パリマグ)から、フランスのカフェに訪れた気分でクロックマダムを楽しめる代官山の『メゾン・イチ 代官山』をご紹介したいと思います。

自家製パンとフレンチデリを楽しむカフェ

代官山駅から徒歩5分ほどのところにある『メゾン・イチ 代官山』は、焼きたての自家製パンとフレンチデリが楽しめるビストロ・カフェです。

店内に入ると焼きたてパンの香ばしい香りが漂ってきます。

フランスの朝食でおなじみの「パン オ ショコラ」。

直径5cmほどで軽食にちょうどよい大きさ&かわいい見た目のキッシュ。

バゲットやリュスティックといった、フランスの食卓でおなじみのパンも並んでいます。

その対面のショーケースには色鮮やかなデリがずらり。キャロット・ラペやギリシャ風サラダ、パテ・ド・カンパーニュ、ピスタチオのテリーヌ、サーモンとディルのリエットと豊富なラインナップが揃います。シンプルなパンのおいしさをより引き出してくれる、フレンチデリたちです。

デリやパンはお持ち帰りも可能とのことですので、ホームパーティーの差し入れなどにもよさそうですね。

お皿からはみ出しそうに大きなクロックマダム

デリやパンに目移りしつつも、今回のお目当てであるクロックマダムをオーダーしてみました。

「フランスで大きな田舎パンをカットして作ったクロックマダムを提供しているカフェがあったので、それをイメージして作りました」という、こちらのクロックマダム。お皿からはみ出さんばかりの大きなパンに、たっぷりのベシャメルソースとチーズ、そして半熟卵が載ったボリューム満点の1皿です。

パンは店内で焼いているスペルト小麦の田舎パンを使用。

北海道産小麦と液体天然酵母で作った生地を長時間発酵させてから焼き上げるこだわりのパンは水分量が多くもちもちとした食感が特徴です。クラストは香ばしく歯ごたえのあるパリパリ食感。

ベシャメルソースとチーズの濃厚さともちもちのパン、パンにサンドされたハムの塩気がベストマッチしています。

ちょっとした緊張感を味わいつつ黄身を割ると、とろーり半熟の黄身が登場します。カットしながら食べると、ハムがサンドされている部分、チーズのおこげが香ばしさをプラスしてくれる部分、黄身が溶け出している部分など、ひと口ごとにいろいろな味わいや食感を楽しめ、飽きることなくぺろりと食べることができました。

大きめサイズなのでお友達と一緒に訪れた際はデリやパンと一緒に頼んでシェアするのもいいですね。

今回は、エルダリーフラワーのソーダ「bottle green」と一緒にいただきました。爽やかな甘さとスパークリングで、クロックマダムとも相性抜群!

明るい日差しの差すテーブルで食べると、パリのカフェにいるような気分に。ぜひ、パリジェンヌのようにのんびりとカフェでのひとときを過ごしてみてください。

ことりっぷの最新記事