ローラ

写真拡大

 人気タレントのローラが芸能界引退の危機に瀕している。理由は所属事務所社長とのトラブル。ローラはTwitterで「ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいるんだけど」「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。10年の信頼をかえしてください」とつぶやくなど、すでに関係は修復不能となっている。芸能プロ関係者の話。

「仕事の方向性や金銭をめぐって揉めているようだが、その舞台裏をツイートするのは完全なルール違反。一部では独立や大手事務所への移籍もささやかれているが、契約をめぐるトラブルに芸能界はとにかく厳しい。彼女には多くのファンがいるが、芸能界では同情の声は皆無だね」

 18日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)では、ローラ変心の裏に世界的デザイナーのマッシモ・ジョルジェッティ氏の存在があると報道。同氏は今年4月まで一流ブランド「エミリオ・プッチ」のクリエイティブディレクターを兼務する一方で、故郷・イタリアで「MSGM」なるブランドを立ち上げ、大成功を収めている。

 2人の出会いは2013年ごろ、マッシモ氏のブランドを着ていたローラの姿をインスタグラムで発見した同氏が、関係者を通じて猛アプローチしたことだという。

 以来、ローラはマッシモ氏にゾッコン。次第に所属事務所よりもマッシモ氏の言うことを聞くようになったとか。スポーツ紙記者は「能年玲奈さんが『生ゴミ先生』と呼ばれる魅力開発トレーナーの女性に心酔した時と似ている。こうなると、もうどうしようもない。所属事務所はすでに説得を諦め、後輩のダレノガレ明美を売り出すなど、完全にローラを干しにかかっている」と話す。

 現時点では円満退社からは程遠く、双方がいがみ合う展開にしかならない。そうなると危惧されるのは、これまで押さえていた醜聞が飛び出すことだ。週刊誌記者が声を潜めて明かす。

「表に出てないだけで、彼女は恋多き女。陽気なイタリア人デザイナーの言うことを真に受けるくらいですから、男性にハマリやすい。例えば、かねて熱愛がウワサされたお笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平との仲。彼女は笑って否定していましたが、真相はガチ。何度も有田の家に泊まりに行っているし、プライベートでローラとの関係について聞かれた有田も否定していなかった。ローラの方が熱を上げていたようです」

 このほか三代目J Soul Brothersの登坂広臣や、モデル男性とのただならぬ関係もささやかれた。前出スポーツ紙記者は「彼女は一連のトラブルを含めて、日本の芸能界に辟易している。マッシモ氏を追いかけ、拠点を海外に移し、モデルとして活動していく考えもあるそうです」と話す。

“傷だらけのローラ”は一体どこへ向かうのか――。