目の中からコンタクトレンズ27枚発見…

写真拡大

目の中に、コンタクトレンズが27枚も“溜まっていた”女性がいるという。英医学誌BMJで医師が明かした。

治療にあたった医師は、女性の目の裏に入り込んだコンタクトレンズを再三にわたってかき出さなければならなかったと語る。今回の件は、女性が受ける予定だった白内障の手術の直前に偶然発覚したものだ。

担当医師は次のように語っている。

「こんなことは誰もが経験したことがないでしょう」
「コンタクトレンズはかなり大きくなっていました。17枚ものレンズがくっついてひと塊になっていたんです。目に不快感はあったものの、女性がこのことに全く気付いていなかったという事実に我々は大変驚きました」

除去後の変化は女性にも明らかだったようで、担当医師はこう続けた。

「彼女はかなりショックを受けていました。レンズが取り除かれた後は目の不快感もなくなり、かなり楽になったようです。彼女はそれまでの目の不調を、ドライアイと老化によるものだと考えていたようです」