「Thinkstock」より

写真拡大

 単身あるいは単独世帯の増加が止まらない。そう、いわゆる“おひとりさま”である。

 ということは、おひとりさまが、がんに罹患する可能性も高いということにほかならない。今回は、おひとりさまとがんについて考えてみよう。

●世帯全体の約27%、65歳以上の約49%が“単家族”という事実

 6月下旬、厚生労働省から「平成28年国民生活基礎調査」が発表された。この調査は、保健、医療、福祉、年金、所得など国民生活の基礎的事項を調査するもので、3年ごとに大規模な調査が行われ、ちょうど平成28年は、11回目の大規模調査の年にあたる。

 この調査によると、平成28 年6月2日現在における全国の世帯総数は、4994万5000世帯。前年(5036万1000世帯)と比べると若干減少したものの、ほぼ横ばいである。

 昭和28年と比較すると、世帯数は約3倍に増加した一方、平均世帯人員数は5.00人から2.47人と約半分に減少した。世帯構造別では、「夫婦と未婚の子のみの世帯」が1474万4000世帯(全世帯の29.5%)で最も多く、次いで「単独世帯」が1343万4000世帯(同26.9%)、「夫婦のみの世帯」が1185万世帯(同23.7%)となっている。

 全体としては、やや夫婦と未婚の子のみの世帯が単独世帯を上回っているが、65 歳以上の者のいる世帯のうち高齢者世帯の世帯構造をみると、「単独世帯」が655万9000世帯(高齢者世帯の49.4%)と約半数を占め、「夫婦のみの世帯」が619万6000世帯(同46.7%)を上回る結果となっている。

 このような単独世帯の増加は、まさに核家族ならぬ“単家族”社会の到来を感じさせるに十分だ。

●子どもや家族のいないまったくのおひとりさまが増えている

 おひとりさまといっても、死別あるいは生き別れなど、結婚後に離婚した人もいるし、生涯独身という人もいる。

 ただ、50歳の時点で一度も結婚したことがない人の割合である「生涯未婚率」は、年々上昇を続けており、平成27年に男性で4人に1人(23%)、女性で7人に1人(14%)と過去最高を更新した(※出所:国立社会保障・人口問題研究所の調査)。これはすなわち、頼れるべき子どもや家族がいない、文字通りまったくのおひとりさまが増えているということを意味している。

 一般的に、おひとりさまのメリットとしては、時間やお金が自由に使えるという点が挙げられる。一方、デメリットとして挙げられるのは、病気など万が一のことがあった場合に頼る人がいないという点だ。

 男女問わずひとり暮らしを経験した人であれば誰しも、病気で寝込んだときに心細い思いをしたことがあるだろう。

 それが「がん」という生死にかかわる病気ともなれば、なおさら。とりわけ、高齢者の真性おひとりさまの問題は深刻化しつつある。

●がん患者が抱える3つの問題とは?

 それでは、おひとりさまががんに罹患した場合、どのような問題があるか、がん患者が抱える3つの問題ごとに考えてみよう。

 なお、最初に申しあげておくと、これらの問題は、独立した別個のものではなく、相互関係にあるということを覚えておいていただきたい。たとえば、おカネや仕事のことが心配だと、治療にも集中できないし、精神的にも大きなストレスを抱えるということだ。

(1)がん患者が抱える問題その1〜カラダ(身体)的な問題

 検査法や治療法の選択、副作用、後遺症など、がんという病気をいかに治すかという問題。病院選びに始まり、セカンドオピニオンを受けたほうが良いのか、どのような検査法・治療法を選べば良いかなど、多岐に渡る。

 これは、多くのがん患者がまず優先的に考えるべき問題であり、今後の予後やQOL(生活の質)にも大きくかかわってくるので、慎重かつ迅速に対応したい。

(2)がん患者が抱える問題その2〜ココロ(精神)的な問題

 がん患者やそのご家族が抱える、不安感、喪失感、恐怖感、いきがいなどに関する問題である。乳がんに罹患した筆者が、がんと他の病気が大きく異なると感じるのは、再発・転移の可能性があるという点だ。

 一概にはいえないだろうが、たとえば他の病気は手術で悪いところを取ってしまえば、あとは経過観察で数回通院するくらい。それに対して、がんは手術があくまでも治療の “入り口”。治療の副作用などで心身への負担もかかり、治療費用も必要だ。しかも、その期間は5年から10年と中長期にわたるのだ。

 この間、再発・転移を意識しながら、息を潜めて過ごすわけである。患者本人はもちろん、家族や周囲のストレスも相当なものになる。そのため、たとえば「100人のがん患者を診察すると、50人に精神科の診断がつく」とも言われるくらい、がん告知後にうつ病や適応障害などなんらかの精神疾患を発症する方も少なくない。

(3)がん患者が抱える問題その3〜おカネ(社会経済)的な問題

 がん罹患後の経済的リスクをどのようにカバーすれば良いのか? 仕事は継続するのか? など、がんとおカネ、就職・就労、結婚・出産などの問題である。

 がんの相対生存率が伸び、今やがんは完治する病気。もちろん、それはがん患者にとって喜ばしいことではある。しかし前述の通り、治療費用や定期検査などの医療費が中長期でかかる上、罹患前と同じように働けなくなるケースも多い。

 就労等に関する実態調査では、罹患後に2割以上の人が離職し、約6割の人の収入が減ったと回答している(※出所:東京都福祉保健局「がん患者の就労等に関する実態調査」)。要するに、がんで死ななくなったために、収入の減少と支出の増加という家計にとってダブルパンチの状態に陥ってしまうがん患者の現状が、徐々に認識されはじめたということだ。

 平成24年度からの「がん対策推進基本計画」においても、重点的に取り組むべき項目として追加されている。

●おひとりさまのがん特有のリスクとは?

 では、これらの3つの問題に対して、おひとりさまには、それぞれ、どのようなリスクがあるのか考えてみよう。

 まず、第1のカラダの問題に対しては、おひとりさまの場合、まず入院時にトラブルが起こりやすい。

 たとえば、入院時の保証人(原則として、患者本人とは別世帯の支払い能力のある者等)や着替えや洗濯物のこと。突然入院することになった場合や入院が長期間にわたる場合、留守中の部屋の管理やペットなどの世話、家賃や公共料金の振込等、金銭管理など。さらに告知や今後の治療方針を決めるときに、冷静に判断できる家族の同席が求められる。

 これは、家族とのつながりを重視してきた日本の文化的な背景もあるが、病院側にとって家族や親族のサイン・同席は、患者が死亡したときの引き受けのほか、治療が失敗したときの訴訟リスク、治療費用の未払いリスクを軽減する目的でも必須としている。

 もちろん、医師の説明は「ひとりで聞きます」と宣言し、同意書の家族欄は上司や知人にお願いする方法もあるが、それでも冷静に判断してくれる第三者がいてくれることは何かと心強いものだ。

 第2の問題に対しては、まったくのおひとりさまで、家族や親しい親戚等が不在の場合、闘病生活を支えてくれる人や親身に相談に乗ってくれる人がいないということである。

 がん患者にとって、不安な気持ちを受け止めて助言や状況整理をしてくれる人の存在は大きな支えだ。ある調査によると、がん治療中の相談相手のダントツは「家族」。親しくしている友人や知人がいても、なかなか家族以上に優先してくれるかというと難しい相談だろう。

 そして、第3の問題に対しては、家計を一緒に支えてくれる人や経済的援助をしてくれる人、身近な相談相手がいないということである。とりわけ、非正規雇用の場合、傷病手当金など公的保障が正規雇用に比べて薄い。その分所得補償なども考えておく必要があるだろう。

●おひとりさまが、がんに備えるためにやっておきたいこと

 それでは、おひとりさまはイザというときのためにどのように備えておくべきか? 最低限、次の3つのことを念頭に置いておきたい。

 まずは「マンパワーの確保」である。

 保証人になってくれる人、入院時の世話を気軽に頼める人、苦しいとき・不安なときに親身に相談に乗ってくれる人を確保しておくこと。ただし、友人関係というのはメンテナンスが必要なもの。おしなべて、女性はイザというときの備えに敏感なので、「私に何かあったら、●●ちゃん、一緒に病院に行ってね」などと日頃から意思疎通を図っている人も少なくない。

 問題は男性である。男性のがん患者は、自分の悩みや不安を相談しない・できない人が多い。そもそも、男性は病気など万が一の状況を考えたくないという人も多いし、自分が弱っている姿を知り合いに見られたくないという心理が強く働き、病気のときに頼るどころか、自分の殻に閉じこもりがちだ。
なんとかなる場合もあるだろうが、本当に困ったときに後悔したくないなら、日頃から人間関係を円滑にしておくべきである。

 続いて、「情報の収集」も不可欠だ。病気のときこそ、情報はチカラとなる。とりわけ、がんは“情報戦”ともいわれるように、いかに情報にたどり着けるかどうかが生死を分けることもある。エビデンス(科学的根拠)に基づいた信頼の置ける情報や情報の入手先を知っておくことが重要である。また、がん患者が使える公的制度や勤務先の社内制度などの情報収入も欠かせない。

 最後に「経済的備え」である。前述のマンパワーが期待できないなら、それをアウトソーシングするための費用がかかる。たとえば、入院時のヘルパー代や通院時のタクシー代、退院後に買い物に出られないときの配食サービスの利用や、保証人を立てられない代わりに入院費用の一部を前払いするなどのケースである。つまり、おカネがおひとりさまの家族代わりとなる。

 また、おひとりさまのがん患者は、病気といっても、生活のために働かなくてはならない。それだけ働けなくなったときのダメージは大きい。したがって、職場復帰に備えて外見や体調管理、QOLの維持にかかる費用も削れない可能性が高い。いずれにせよ、これらの経済的なリスクに備えるためには、預貯金(生活費×3カ月〜半年分)やがん保険、医療保険などを活用しておきたい。

 このほかにも、がんの治療が始まる前に退院後の準備(食料品・生活雑貨等の買い置きなど)をしたり、容態が急変したときに備えて、緊急連絡先などを記入した救急医療情報キットを自宅のわかりやすい場所(玄関先、冷蔵庫など)に置いておいたりするのも大切だ。

 最近では、おひとりさまのがん患者を対象にした患者会なども発足して、単身者にしかわからない悩みや問題を共有する場も設けられている。

 おひとりさまだからといって、必要以上にがんを恐れる必要はない。ただ、イザというときの備えと日頃の健康管理や予防は重要だということだ。
(文=黒田尚子/ファイナンシャルプランナー)