画像提供:マイナビニュース

写真拡大

大容量のファイルをインターネット経由で相手に送る際、なにかと重宝するのがファイル転送サービスだ。最近はファイルの受け渡しにオンラインストレージの共有機能を使う人も多いだろうが、オンラインストレージではファイルサイズの大きさがネックとなってファイルをアップロードできないことも少なくない。こうした場合に、ギガ単位のファイルも送れてしまうファイル転送サービスは便利なことこの上ない。

今回は、1GBを超える容量のファイルでも問題なくアップロードでき、かつ会員登録不要で利用できる5つのファイル転送サービスを紹介しよう。いずれも日本語サービスなので、初心者でも迷わず使えることだろう。サービスの性質上、時間帯によっては混雑している場合もあるので、複数のサービスを使い分けつつ活用してほしい。

○広告なし、シンプルなUIで使える「tenpu」

最大2GBまでのファイルに対応。発行されたダウンロードURLをコピー&ペーストして自力で相手に伝える以外に、サイト上のメールフォームから直接送信することも可能だが、前者の場合もアップロード完了の通知を受け取るためのメールアドレスの入力は必須。同時にアップロードできるのは1つのファイルのみ。保存期間は約7日。パスワード設定機能は無料版では利用できない。テスト用のファイル(約1.8GB)のアップロードに要した時間は約6分とやや長い。

○72時間データ保存される「SmartData便」

最大2GBまでのファイルに対応。発行されたダウンロードURLをコピー&ペーストして自力で相手に伝える仕組みで、メールフォームは用意されない。パスワード設定にも対応するほか、ダウンロード完了時に通知を受け取るメールアドレスを指定できる。同時にアップロードできるのは1つのファイルのみ。保存期間は72時間。テスト用のファイル(約1.8GB)のアップロードに要した時間は約4分と平均的。

○複数ファイルを高速アップロードできる「ファイルポスト」

最大15ファイル、合計3GBまでのファイルに対応。発行されたダウンロードURLをコピー&ペーストして自力で相手に伝える以外に、サイト上のメールフォームから直接送信することも可能。パスワード設定にも対応する。保存期間は3時間〜最大5日。同時に複数のファイルをアップロードできる。テスト用のファイル(約1.8GB)のアップロードに要した時間は約2分と高速。アップロードの進捗が詳しく表示されるので分かりやすいが、画面がやや煩雑で見づらいのが難。

○大容量ファイル対応でアップロードも高速「GigaFile便」

容量無制限、1ファイル75GBまで対応。発行されたダウンロードURLをコピー&ペーストして自力で相手に伝える仕組みで、メールフォームは用意されない。パスワード設定にも対応する。保存期間は7日もしくは14日で、削除キーを設定することで手動削除も可能。Chromeではフォルダごとアップロードしてオンラインで圧縮することもできる。ファイル名やURL、削除キーなどの情報をまとめて自分宛てにメールする機能も備える。テスト用のファイル(約1.8GB)のアップロードに要した時間は約2分と高速。画面がやや煩雑で見づらいのが難。

○容量・ファイルサイズ無制限で自由度が高い「BitSend」

容量無制限、ファイルサイズ無制限。発行されたダウンロードURLを自分で伝えるほか、サイト上のメールフォームから最大20人に送信することも可能。パスワード設定にも対応する。保存期間は最大14日、ダウンロード回数も1〜100回で指定できるほか、削除URLを用いての手動削除にも対応。テスト用のファイル(約1.8GB)のアップロードに要した時間は約9分とかなり長め。アップロードの進捗が詳しく表示されるので分かりやすい。