iPhone 8は指紋センサー『Touch ID』を搭載しないとか、これまでとは異なる場所に搭載すると噂されています。

さらに、顔で認証する「Face ID」に移行するという噂も。これまでの噂を整理してご紹介します。

iPhone 8でTouch IDが注目される理由

iPhone 8では、本体を小型に抑えながら画面を大型化するためにホームボタンが廃止されると考えられています。

この噂が事実なら、ホームボタンに内蔵されていたTouch IDを別の場所に移すか、別の認証方法を採用する必要があります。

Touch IDはiPhoneのロック解除・App Storeでの認証・Apple Payでの決済認証・アプリのロック解除など、今日のiPhoneには欠かせません。使用頻度が高い機能の1つです。

そのため、iPhone 8でTouch IDがどうなるのかに注目が集まっています。

「iPhone 8はTouch IDを搭載する」説

Touch IDを搭載する場合、「画面内蔵型」・「背面型」・「ロックボタン型」の3種類が噂されています。

画面内蔵型は文字通り、iPhoneの画面にTouch IDが埋め込まれているタイプです。画面の特定のエリア、あるいは全体のうちのどこかに触れることで指紋を読み取ります。

背面型は、Appleロゴの下にTouch IDセンサーを搭載するタイプです。画面内蔵型とはデザインが大きく異なります。

ロックボタン型は、iPhoneをロックしたり画面を点灯したりする際に押すロック(電源)ボタンにTouch IDを内蔵したタイプです。Appleが特許を出願していたことが判明しており、他社製スマートフォンでの採用例もあります。

「iPhone 8はTouch IDを搭載しない」説

Touch IDを意図的に搭載しない、あるいは諸般の問題から搭載することをやめたと主張する説です。画面内蔵型Touch IDの開発・製造が不調だとする噂が報じられてから、Touch IDを廃止する・搭載しないという噂が勢いをつけています。

Touch IDの代わりとして浮上しているのが「顔認証」です。海外のニュースサイトでは「Face ID」と呼ぶところもあります。

iPhone 8の顔認証は3Dセンサーを使うとされています。赤外線を照射し、その反射を読み取ることで顔を立体的にスキャンできるようです。このタイプなら暗い場所でも使えて、写真などを使った偽装も識別できると考えられています。

Appleが開発を進める顔認証は、スキャンが1秒未満で完了。iPhoneを平らなテーブルに置いた状態や、カメラが顔の一部に寄った状態でも顔認証が使えるとされています。

しかし、3Dセンサーの不調で発売当初は無効化されるといった噂や、技術的な課題が残っているのでApple Payに影響するという分析もあります。

Touch IDを廃止し、Face IDを採用する説には疑問も投げかけられています。

Touch IDは広く知られ、Apple Payの認証にも用いられています。顔認証に切り替えた場合、そのセキュリティについて関係企業や利用者が心配する恐れがあると指摘されています。

Touch IDそのものに問題がないので、廃止する理由がないとの指摘もあります。

『9to5Mac』は、Face IDとTouch IDの両方が使える形でiPhone 8は発売されるのではないか、と推測しています。ただし、具体的な根拠は挙げていません。

Appleは現在も検討中?

Appleは現在もTouch IDを採用するか否かを検討中、とする噂もありますが、Appleの動向を追うジャーナリストを中心に、Appleは早い時期に方針を決定済み、との見方が広がっています。その内容について、情報がまだ漏れ伝わっていないだけなのでしょうか。

いずれにしても、Touch ID・Face IDについて確かな情報はまだありません。今後の噂に注目です。

参考

Comment: Suggestions that Apple is still undecided about iPhone 8 hardware seem crazy | 9to5MaciPhone 8 Exclusive: Apple's New Design 'Confirmed' - ForbesiPhone silly season and the elimination of Touch ID - The LoopTouch ID vs Face ID - The Loop