滞在先のロサンゼルスで「ドクターX」5期決定の喜びを語った米倉涼子

写真拡大

 「私、失敗しないので」の決めゼリフで知られる米倉涼子主演の人気ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の第5シリーズの制作が決定。今年10月より放送されることが発表された。また200以上の国と地域で、最新作を含む全シリーズが配信される予定だという。

 昨年秋に放送された第4シリーズも、平均視聴率21.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と高視聴率をキープし、その人気ぶりを見せつけた「ドクターX」。新シーズンでは、汚い院内政治を操ってきた蛭間の失脚から1年、新時代に突入した「東帝大学病院」に再び米倉ふんする大門未知子が切り込んでいく。“患者ファースト”を掲げる初の女性院長が誕生し、クリーンな医局を取り戻すべく大改革を進めていた東帝大学病院。しかし病院に巣食う権力者たちは、自らの“旨味”を奪還すべく、絶対的権力と縦社会で統制された“真っ黒な巨塔”を復活させるために暗躍し始める。

 米倉のほか第5シリーズには、未知子が所属する「神原名医紹介所」の仲間を演じる城之内博美役の内田有紀や神原晶役の岸部一徳、縦社会の医局で“御意軍団”を形成する外科医・海老名敬役の遠藤憲一や原守役の鈴木浩介、さらに前作で「東帝大」院長の座を追われた権力の権化・蛭間重勝役の西田敏行らが出演。「自分の出演作で、第5シリーズまで続く作品は初めて!」と話す米倉は、「『ドクターX』はファミリー感が強くて、戻れば絶対に温かく迎えてくれるチーム。みんなで力を合わせて、また“新しい大門未知子シリーズ”を作り上げていきたい」と意気込みを明かしていた。

 また全シリーズの世界配信は、2017年9月開始予定(最新作は10月中旬以降予定)。海外配信プラットフォームはおって発表するとのこと。なお最新シリーズの国内での配信については現段階では未定とされている。米倉は「本当にうれしいです。世界中にいる日本人の方はもちろん、たくさんの方に見ていただきたいです」と喜びをあらわにすると、「とにかく、楽しみにしていてください。私、失敗しないので。I never fail!……な〜んて(笑)」と未知子節も披露していた。(編集部・井本早紀)

「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」第5シーズンは、テレビ朝日系で2017年10月スタート(午後9:00〜午後9:54放送)