森金融庁長官3年目の責務は「毎月分配型投信の撲滅」だ

写真拡大

最新号の『週刊ダイヤモンド』(7月22日号)は、「金融庁vs銀行 あなたのお金の味方はどっち!?」と題する特集を組んだ。任期3年目を迎える異色の金融庁長官・森信親氏と金融庁、そして銀行業界を広く取り上げた特集だ。

 これまでの金融庁の行政方針と一線を画する森長官の金融行政については、既に多くのメディアが論じているが、最新の情勢のレビューと共に、金融庁の人事や個別の銀行の財務状態などに関して詳細に報じている点で、本特集には金融関係者には必読の内容が含まれている。

 もっとも、一般読者にとって、「お金の味方」が金融庁なのか、銀行なのかは、特集を読まなくても自明だろう。

 特に近年の銀行は、低金利・マイナス金利政策で融資の利鞘を失ったため、お金持ちからは運用商品の手数料を稼ぎ、貧乏人からはローンの金利を稼ぐビジネスモデルにドライブをかけている。

 そういう意味で、全く信用できない相手なので、できれば関わらない方がいい(特に「相談」に近づいてはならない)。とはいえ、われわれは日常生活を銀行と全く無縁に送ることは難しい。その点で、銀行のビジネスの現状について、よく知っておくことが肝要だ。

 さて、特集は、銀行と金融庁の関係に関わる多くの問題を取り上げているが、本稿では、特集で必ずしも明示的に取り上げられていないものの、筆者が重要だと思う問題を三つ取り上げることにする。特集の補足として読んでいただけるとありがたい。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)