社員のミスコン応募を支援したり、飛行機事故を起こした際には、遺族の家を自ら一軒一軒訪問するなど、フェルナンデス氏のマネジメント姿勢は独特。これは「他者との間に壁をつくらない」という信念に基づいたものだ Photo:Reuters/AFLO

写真拡大

今も空港で社員に混じって働く
エアアジアの創業者

 ASEANはいま、高い経済成長率を見込まれており、投資、起業熱が高まっている。当然マレーシアもその中に含まれる。先日、クアラルンプールにて、インド系起業家のフォーラムに参加する機会があり、参加してきた。

 そこでは、500人ほどの参加者を相手に、元世界銀行のファイナンシャルチーフマネージャーや、シンガポールのシンクタンク社長、すでにASEANで成功したインド系起業家、インド・パンジャーブ州の財務相など、そうそうたる面子が議論を行った。特にインドに縁深いわけではない筆者にとってでさえ、どれも非常に興味深いものだった。

 その中でも、とりわけ聴衆の注目を集めたのが、特別ゲストとして招待されたエアアジアグループCEOのトニー・フェルナンデス氏だった。

 マレーシア人にとっての彼は、アメリカ人にとってのスティーブ・ジョブズと同じだ。ワーナーミュージックのマネージングディレクターだった彼は、1100万ドルもの負債を抱えて経営破綻状態だったエアアジアを20セント(1リンギット)で買収し、その後格安航空会社(LCC)の代名詞にまで育て上げた起業家であり、ビジネス界のヒーローだ。

 イングランドのサッカーチーム、クイーンズ・パーク・レンジャーズFCのオーナーでもあり、2014年に手放すまでは、F1チームのオーナーでもあった。10年に同じくF1チームを所有していた、英国ヴァージンアトランティック航空オーナーのリチャード・ブランソンと、チーム成績の優劣について賭けをして、負けたブランソンが、エアアジアのCAユニフォーム姿で、接客サービスを行ったのも話題になった。

 上記のエピソードが示す通り、気さくでユーモアのある人柄も人気の要因である。このフォーラムでも、会場は笑いに包まれていた。

 彼は、「従業員は家族のようなものだと考えている」と語った。ビルのてっぺんにある自分のオフィスにいるのは好きではなく、いつも空港のオフィスで、他の従業員に交じって仕事を手伝っているそうだ。

「そうして、そこから従業員が何を望んでいるか、どんな働き方がいいかを、常に考えている。そしてそのことは確実にビジネスとしても価値があることだ」と彼は言っていた。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)