明石家さんま(写真:読売新聞/アフロ)

写真拡大

18日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で、司会の明石家さんまが、プライベートの飲み会で後悔しているという自身の言動を振り返った。

番組では「今 不安でしょうがない事」というテーマで、出演者がエピソードを披露していた。その中で、バイきんぐの小峠英二が、さんまや次長課長・河本準一らと、女性を含めて飲み会をした際の出来事を語った。

小峠によると、そのとき河本が着ていたTシャツには、アルファベットで「BOKU HA TANOSHII(ぼくは楽しい)」という文字が入っていたのだとか。それを見たさんまはトイレを理由に席を立ち、戻ってきたときにはTシャツに「BOKU MO TANOSHII(ぼくも楽しい)」と書いてあったという。

ほかの出演者から次々に驚きの声があがる中、小峠は「これだけテレビで笑いをとってる人が、たかだかそこにいる10人に向かって、そんだけ身を削って笑いをとるのかって!」「ぼくちょっと不安になりましたよ!」と訴えて、笑いを誘った。

さんまいわく、高価なTシャツだったそうで「家に帰ってから後悔したよ」「なんでこんなん書いてんねやろ…」と、実は自身の悪ノリに後悔していたことを明かした。一方、小峠は「僕もその後トイレ行って店員さんにマジック借りて『BOKU KOSO TANOSII(僕こそ楽しい)』って書いていったら、鬼スベりましたよ!」と自虐。ほかの出演者は手を叩いて大ウケしたが、小峠は「あれは怖かった」と、さんまへの恐怖を訴えた。

さんまは「別にしなくてもええねん、(番組ではなく)普段やからな」「持って生まれたもんやからなぁ、サービス精神とか、その場を盛り上げたいというだけのことやろ」と説明していた。

【関連記事】
明石家さんま 船越英一郎に同情「男として心中を察しすぎる」
明石家さんま 元SMAPメンバーのスゴさに言及「あそこまで踏ん張った」
明石家さんま 吉本興業から独立した場合を推測「個人事務所やったら絶望」