“クルマの世界”を舞台にした『ディズニー/ピクサー』の人気シリーズ最新作『カーズ/クロスロード』(7月15日公開)の日本語吹き替え版声優に、女優・松岡茉優さんが抜擢。



出典:Nosh

演じたのは、クラッシュを起こして失意の底にある天才レーサーの“ライトニング・マックィーン”の再起をかけた復活劇をサポートする相棒女子、“クルーズ・ラミレス”という新キャラ。家族全員が『ディズニー/ピクサー』好きということもあり「母に起用を伝えたら驚いていた」という松岡さんを直撃しました。

「母はとにかくビックリしていました。“あの『カーズ』で新しい相棒役!? ちょっと出るだけの役じゃなくて!?”と。“セリフがとても多い”と伝えたら、私にできるのかと引いていました(笑)」とお母さんのリアクションを教えてくれた松岡さんは「親孝行だし、親戚孝行。親戚の子供たちにはぜひ劇場で見てもらいたいです」と嬉しそう。

新たな世代の台頭や衝撃的大クラッシュによる思いがけない挫折。シリーズ史上最大の危機がマックィーンを襲います。

「シリーズ1作目ではとてもカッコいいマックィーンがいて、2作目では友情に泣きました。そして今回ではまさかの大クラッシュからのスタート。冒頭から“もうダメだ!”と心を揺さぶられた」とヘビーさを伺わせるも「新しい相棒や最強のライバルとの出会いがあり、そしてこれまでの仲間たちの変わらぬ温かい友情がある。まさに人生を考えさせられる作品。親子でご覧いただけたら親親御さんの方が、このストーリーの持つメッセージに、色々と感じるところが大きいかもしれません。見終わった後にはお子さんがどんな感想を持ったか話し合ってほしいです」と物語の底に横たわる深みを強調します。



出典:Nosh

松岡さんが声を務めたクルーズは、最新テクノロジーの知識と情熱を兼ね備えた若きトレーナー。挑戦を恐れぬマックィーンの相棒になることによって自身の殻も破っていく役どころです。

松岡さん曰く「周りに元気を与える前向きな女の子」というクルーズは、聡明な松岡さんのイメージにも重なりますが、「クルーズは自分に自信のない部分もある。アフレコしながら“もっと自分に自信を持てばいいのに”と思ったら、それが自分にブーメランのように返ってきた。クルーズの自信のなさは共感できるところもあります」と意外な共通点を口にします。

女優としての心境を「自分が同世代の俳優と比べて魅力があるのかと聞かれると自信はないし、俳優として価値があるのかどうかも自信がない」と打ち明ける松岡さんですが「大切なのは“根拠のない自信”。自分を認めてあげられるのは自分だけ。日々お芝居の事を考えて真剣に向き合っているつもりなので、どんなことがあっても日々頑張っているのならばそれなりに自分を認めてあげることも大切だと思います」と自らを信じることを第一にしているようです。

 

映画『カーズ/クロスロード』は、絶賛公開中です。

※ (c)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

【関連記事】

※ 藤森、キレッキレのダンスを披露し、最後はみんなで自撮り!

※ 松岡茉優、肩むき出しのロングドレスで可憐さMAX

※ オリラジ藤森、「カーズ」新作の美人プロデューサーに「めちゃめちゃカワウィ〜ネ!」

※ 花沢類の再来!? 逆モノマネを披露した小栗旬、吉沢亮の顔をベタ褒め!

※ 「銀魂」ジャパンプレミアが開催!主要キャストが浴衣姿で登場、爆笑トークも

※ 最高の夏を楽しむために。大人女子が今から始めておきたい3つのコト(PR)