FWピエール・エメリク・オーバメヤンの2発などでドルトムントが快勝した

写真拡大

[7.18 ICC ミラン1-3ドルトムント 広州]

 インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)の中国ラウンドが開幕し、日本代表MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)がミラン(イタリア)を3-1で下した。ミランは22日にも試合を予定しており、バイエルン(ドイツ)と対戦する。

 

 欧州の強豪クラブなどが激突するプレシーズン恒例のICCは、通算5回目の開催。今夏はアメリカ、シンガポール、中国の3か国で行われる。中国ラウンドではドルトムントとミランの他にバイエルン、アーセナル(イングランド)、インテル(イタリア)、リヨン(フランス)が参加して合計4試合を行う。

 15日に日本で浦和レッズと対戦して中2日、ドルトムントが順調な調整ぶりを示した。ドルトムントの先制点は前半16分、右サイドから上がったクロスを逆サイドでMFクリスチャン・プリシッチが落とすと、走り込んだMFヌリ・サヒンが蹴り込む。同20分にはプリシッチが獲得したPKをFWピエール・エメリク・オーバメヤンが決めて、リードを2点に広げた。

 ミランも前半24分にカウンターからFWカルロス・バッカが決めて1点を返したが、ドルトムントは後半17分、MFゴンサロ・カストロから出た縦パスをプリシッチが折り返すと、オーバメヤンがスライディングで押し込む。ミラン移籍も噂されるエースの2発でドルトムントが快勝した。

 6月の代表戦で左肩を脱臼した影響でリハビリを続けている香川は、全体練習に合流するまでの回復を見せている。ただこの日もベンチ入りはしたものの、出番はなし。後半が始まるころにはスタンドの階段で中国のドルトムントファンにスマホで写真撮影を求められ、応じる姿がみられた。


●海外組ガイド

●ブンデスリーガ2017-18特集

●セリエA2017-18特集