16日放送のラジオ番組「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ)で、安住紳一郎アナウンサーが、テレビ番組での言い間違いを、全国の視聴者から指摘されていたことを明かした。

番組序盤、安住アナは「私昨日、長時間の音楽番組を担当して、その後に情報番組の担当もありましたので、少し勤務が続いておりまして、最後の方は集中力が切れちゃって」と切り出した。

安住アナは15日放送の音楽番組「音楽の日 2017」(TBS系)と情報番組「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)に立て続けに出演していた。

そんな安住アナは「新・情報7daysニュースキャスター」内でヒアリの情報を伝えていた際に「アナフィラキシーショックって読もうと思っても、アナフィラキーショックって何回も言っちゃって」と、ミスを連発していたことを報告。「オレ倒れちゃうんじゃないかと思って…」と自身のミスにツッコミを入れて、笑いを誘った。

安住アナによると、言い間違えには気がついており、解説しながらも正確に発言し直そうと試みたのだとか。実際のオンエアでは、「アナフィラキーショック」と3回言っていた安住アナだが、確かに「シ」を言おうしているが発音できていない様子だった。さらに、3回目はそんな自分の不甲斐なさからか、わずかに苦笑しているようにも見えた。

安住アナは、全国から60件ほど「アナフィラキシーです」と指摘が寄せられたことを明かしたうえで、自身が気づかないミスであれば「そうか。失礼しました」と思えるが、今回は「分かっていたができなかったから『わかってます!』って」「開き直れる立場じゃないけど、でも何回もやろうと思ったんですから〜」と胸の内を明かしていた。

【関連記事】
斉藤由貴が安住紳一郎アナの本心告白に叱責「ざっけんなよ!」
安住紳一郎アナがオランダのトイレで味わった悲劇「アジア人屈辱だぜ!」
田中裕二 我が子が電話ボックスを知らないことに驚き「大喜びで記念撮影」