ベンゲル監督が金字塔! ファーガソン超え、アーセナル在任7583日でプレミア最長記録

写真拡大

ファーガソン氏の7582日を16日に抜く 96年から指揮し、勝率は57.8%

 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が、かの“サー”・アレックス・ファーガソン氏を抜いて、新たな金字塔を打ち立てた。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」によれば、フランス人指揮官は7月16日でアーセナルでの在任期間が7583日に到達。これまでファーガソン氏が持っていたプレミアリーグの監督としての最長記録、7582日を抜いてトップに立った。ファーガソン氏はマンチェスター・ユナイテッドを27年間率いており、監督歴ではベンゲル監督を上回るものの、ユナイテッドでの最初の約5年半はプレミアリーグ発足前だった。

 ベンゲル監督がプレミアリーグで最初に指揮を取ったのは1996年10月12日のブラックバーン戦。そこからすでに20年以上が経過しているが、常にトップレベルで戦い続けてきた。

 同局によるベンゲル監督のプレミアリーグ通算記録は全790試合で457勝193分140敗、勝率は57.8%。優勝は3回経験している。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images