ワントーンで足元を演出!リーボックの新作はシンプル&カラフル!

写真拡大

2017年春夏シーズンにデビューし、リーボックの歴史を彩った名作ランニングシューズのヘリテージを現代に受け継いだ話題のモデル、ZOKU RUNNER(ゾク ランナー)の新作ラインアップが発売されました。2017年秋冬シーズンでは、ヴィヴィットなカラーから落ち着いたダークカラーまでバリエーションもさらに豊富に。詳細を早速チェックしていきましょう。

▲「ZOKU RUNNER ULTK IS」

リーボックは1895年にイングランド中部の小都市ボルトンに住む1人のランナー・ジョセフ・ウイリアム・フォスターがより早く走るために釘をシューズの底に打ち付け、自作のスパイクシューズを作り出したことから始まりました。その後、1970年代後半からアメリカへと進出し、数々の名作ランニングシューズを世に送り出してきまし。

▲「ZOKU RUNNER ISM」

ZOKU RUNNER は、そのリーボックのランニングシューズの歴史を現代のファッションシーンに受け継いだユニークなモデル。70年代、80年代、90年代それぞれの時代を代表するランニングシューズのエレメントが施されています。ユニークなデザインに加え厳選されたアッパー素材やサイドパーツ、そして、リーボックを代表するクッショニングテクノロジー"DMX"の名を冠した軽量性・クッショニングに優れたアウトソール<DMX FOAM>が快適な履き心地を生み出します。

「ZOKU RUNNER ULTK IS」は本モデルは"DAY and NIGHT PACK"と銘打たれたコレクションで、まで、ネオンカラーで表現した“DAY”と、ダークカラーを用いた“NIGHT”の計5色展開。サイズは22.5cm〜31.0cm (※カラーによって展開サイズは異なります) 価格は1万6000円(税別)。

「ZOKU RUNNER ISM」は「ZOKU RUNNER ULTK IS」同様に"DAY & NIGHT"を テーマにしたブライトカラーとダークカラーで構成されたシリーズ。アッパーにニット素材を使用しています。サイズは23.0cm~31.0cm。価格は1万3000円(税別)です。

>> リーボック「ZOKU RUNNER 」

 

(文/&GP編集部)