17日、日本でセクシー女優になることを明かしたモデルの麥紫莉が、ネット上の反対の声に「気にしない」と語っている。

写真拡大

2017年7月17日、日本でセクシー女優になることを明かしたモデルの麥紫莉(マク・チーリー)が、ネット上の反対の声に「気にしない」と語っている。視覚中国が伝えた。

【その他の写真】

17日、「香港ブックフェア2017」の会場でセクシーモデルたちの新作写真集の発表会が行われ、20歳のモデルの麥紫莉も出席した。このほど日本でセクシー女優としてデビューすることを宣言し、一躍時の人となった麥紫莉の登場に、多くのメディア記者が取材に詰め掛けている。

麥紫莉は7年前に父親を亡くし、母親が人工透析治療を受けていることで、家族の生活を支えるため決意したと語っている。所属事務所によると、日本の制作会社との間でほぼ8〜9割は話がまとまっており、間もなく正式な契約を交わすという。

日本のセクシービデオは香港や中国でも人気が高く、特に台湾の女優リン・チーリン(林志玲)に顔立ちが似ていることから、女優の波多野結衣が絶大な人気を得ている。

麥紫莉によると、デビューを決意したからには、Gカップの胸と恵まれたスタイルを生かし、「波多野結衣さんにも負けない自信がある」とのこと。今回のニュースが流れてから、ネット上では「考え直せ」と彼女を諭す意見も多いが、「支持する人もいれば、反対する人もいる。いちいち気にしていられない」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda)