ロジャー・フェデラー、錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

1月の全豪OP4回戦、錦織との死闘を制して「すべてのエネルギーを回復した」

 男子テニスのロジャー・フェデラー(スイス)はウィンブルドンで大会史上最多となる8度目の優勝を達成。世界ランキングでも3位に浮上し、全盛期を彷彿させる強さを見せている。来月8日に36歳の誕生日を迎えるマエストロが完全復活を果たすターニングポイントとなったのは、全豪オープンでの錦織戦だったという。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

 グランドスラム最多優勝記録を19に伸ばす“布石”となったのは、1月の全豪オープンだった。同大会、フェデラーは4回戦で世界ランキング8位の錦織圭(日清食品)と対戦。6-7、6-4、6-1、4-6、6-3とフルセットの末に勝利。日本のエースに土壇場まで追い詰められた一戦で、自信を取り戻したという。

「メルボルンでの大会、特にニシコリとの5セットの後の勝利は、フィジカル的にすべてのエネルギーを回復した。そう実感できたんだ」

 記事では、フェデラーはこう振り返っている。昨年に膝の内視鏡手術を受けるなど膝や腰に爆弾を抱え、後半戦のツアーを欠場。復帰後初のグランドスラムで、錦織との死闘で底力を見せつけられたことが、復活への“確信”に変わったようだ。

 ウィンブルドン優勝でシーズン最終戦となる「Nitto ATPファイナルズ」への出場を決め、世界1位への返り咲きも視野に入れるフェデラー。記事によれば、自分自身の力だけでここまでたどり着けたわけではないと周囲のサポートに感謝をしているという。

「僕にとって、チームが僕を信じてくれることはすごく重要なことだった。僕がチームを引っ張って行ったのではなく、チームが僕を前進させてくれた。陣営が違いを見せてくれるんだよ。疑問を持った時にも、僕に自信をくれた。あまりにも好調な時には、地に足をつけさせてくれた。みんなにウィンブルドンでまた勝利を狙えるか聞いたら、みんなが同じ答えだった。100%やる気があるなら、それは可能だと。昨年の休暇はそのために必要だったんだ」

 “芝の帝王”は今、充実の時を迎えている。