子供のころ、解剖学に興味を持ったことがきっかけで、人間の隠された魅力を探求するアートデュオXavier WynnとEdwige。ここに紹介するのは、あらゆるガラクタを詰め込んだ頭蓋骨の作品群です。なんでも、“人間の中身”をイメージしているんだとか。

一見、なんの価値もないガラクタ、けれどこうして並べてみると、人間の本質を捉えているように思えてきませんか?

趣味嗜好が見え隠れする
アタマの中身

こうやって眺めていると人間って、意外とクダラナイものでできていたりして(笑)。だからこそ、磨けば磨くほど個性が輝き、人間らしさが出てくるんでしょうね。

Licensed material used with permission by EMnEW