COSTAへの“愛”を示した男性(画像は『Mirror 2017年7月11日付「Costa-addict who claims he's spent £5k on mochas in four years gets tattoo to honour favourite coffee shop」(Image: Mercury Press)』のスクリーンショット)

写真拡大

あるチェーン店のコーヒーが好きで毎日通う男性が“コーヒー愛”を示すため、体にコーヒーカップのタトゥーを入れた。英メディア『Mirror』や『Metro』が、ちょっと風変わりな男性のタトゥーのニュースを伝えている。

英エセックス州リー・オン・シーで暖房設備のエンジニアをしているサム・クーパーさん(29歳)は今月初め、イギリスでは有名なチェーンコーヒー店「COSTA(コスタ)」のタトゥーを160ポンド(約24,000円)かけて腕に彫った。しかも彼にとって、これが初めてのタトゥーであった。

サムさんはCOSTAの大ファンで、地元の店に一日1度は足を運び、3.5ポンド(約510円)のヘーゼルナッツシロップがたっぷり入ったソヤモカ(soya mocha)を注文する。そんなサムさんを店のスタッフは当然覚えており、もはや顔なじみだ。これまで4年以上も通い続けているサムさんによると「総額5,000ポンド(約73万円)ほどCOSTAに費やした」という。

今回、COSTAのコーヒーカップのタトゥーを彫ろうと思ったのは、偶然の思いつきだった。実はサムさん、友人からロンドンのウェンブリー・アリーナで行われる歌手アデルのコンサートチケットを購入したが、コンサートがキャンセルになったためチケット代を返金してもらった。車の中にいたサムさんは、そのお金でタトゥーを彫ることを考えていると同乗していた弟に話し、手に持っていたCOSTAのコーヒーカップを見て「よし、デザインはこれにしよう」と決めたそうだ。

以前からタトゥーに興味があったサムさんの決断は早く、すぐにタトゥーパーラーへと向かった。サムさんは車や音楽を趣味としており、そのテーマのタトゥーも頭に浮かんだが、毎日飲むコーヒー愛がそれに勝った。希望のデザインを店のスタッフに告げたところ、その風変わりなアイデアに「冗談だろう!?」と驚かれたという。

しかしサムさんは本気だった。結果、腕には「COSTA」の文字が入ったテイクアウト用のコーヒーカップが彫られた。サムさんは、「最初は驚かれたけど、なかなかいい仕事をしてくれたよ」とその出来上がりに満足げだ。さらに「COSTAへの愛を体で表現したかったんだ。やると決めたら中途半端なことはしたくなかった」と明かすサムさんは、早速いつものCOSTAでスタッフに見せたところ、ほとんどはポジティブな反応を見せたが「なんでそんなタトゥーを彫ったんですか?」と引いたスタッフもいたようだ。

サムさん自身は、COSTAへの愛を示したことで「今度、無料で何かサービスしてもらえるのでは…」と密かに期待しているもようだ。この先、新たなタトゥーを彫ることも考え中で「今度はビッグ・ベーコンサンドでも彫ろうかな」と口にしている。

COSTAのスポークスマンは「サムさんは当店の大ファンのようで、我々も熱心に通ってくれるお客様を大変嬉しく思います。もし他のお客様がサムさんのような決断をされる時には、その前に当店のコーヒーを全制覇して頂けるとありがたいですね」と話している。

画像は『Mirror 2017年7月11日付「Costa-addict who claims he's spent £5k on mochas in four years gets tattoo to honour favourite coffee shop」(Image: Mercury Press)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)