(前列左から)平岳大、有村架純、役所広司、東出昌大(後列左から)原田眞人監督、滝藤賢一、伊藤歩、西岡徳馬(C)モデルプレス

写真拡大

【岡田准一/モデルプレス=7月18日】18日、都内で映画『関ヶ原』(8月26日公開)の完成披露イベント・舞台挨拶が行われ、主演の岡田准一をはじめ、有村架純、平岳大、東出昌大、伊藤歩、滝藤賢一、西岡徳馬、役所広司、原田眞人監督が出席した。

【さらに写真を見る】岡田准一、有村架純、東出昌大ら豪華集結 映画「関ヶ原」完成披露イベントの様子

今作は、現在までに単行本・文庫を合わせた累計発行部数が620万部を超える司馬遼太郎原作の「関ヶ原」を原田監督が映画化。戦国史上最大の合戦・関ヶ原の戦いを舞台に、石田三成役を岡田、徳川家康役を役所、三成の下で忍びで、女性としても支え続ける初芽を有村が演じる。

完成披露イベントでは、大砲や火縄銃を構えた甲冑隊が現れ、轟音が鳴り響く中、キャスト陣がレッドカーペットに登場。会場は直前までゲリラ豪雨に見舞われたが、詰めかけた大勢のファンの歓声に包まれていた。

◆岡田に石田三成役を演じてもらいたい…監督の熱意


原田監督は、なぜこのタイミングで映画化することになったのかという問に対し、「このキャストが集まれるタイミングが今だった。岡田さんが三成を演じられる歳になるでずっと待っていた」と“岡田三成”への熱意を明かすと、会場からは「おぉ〜」と歓声が。

恐縮しきりの岡田は、「三成公のお墓の前で、喜んでいただける役を演じますと誓って演じたので、三成への評価が変わっていけばいいなと思っています」と語り、「若い頃『時代ものができる俳優になってほしい』と先輩たちに言っていただいてきたので、やっと先輩たちに見てもらいたい時代劇を原田監督に撮っていただけた。中身というより出られたことだけで涙が出る作品」と原田監督作品出演の喜びをしみじみと語った。

三成と対立する家康役の役所も「岡田くんが汗水たらして動き回って、新しい石田三成像を作り上げたと思う」と太鼓判。「何度見ても新しい発見がある作品がいい映画だと思いますが、この映画はそんな作品」と本作への自信を滲ませていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】