売り切れ続出!おとぎ話の中から現れたような不思議なパン「ベジポンデ」を食べてみた

写真拡大

「教えて!goo」に「女性の異常なまでの 焼き立てパン屋に対する執着は?」という質問が寄せられている。女性ならずとも、本当においしいパンは人を魅了してやまないものの一つだ。

そんなパンの中でも、販売開始から人気が爆発し、売り切れ続出でなかなか手に入れられなかったのがこのパン。第一ホテル東京のパティスリー「ル・ド・ブリク」の「ベジポンデ」だ。

阪急阪神第一ホテルグループが年に一度開催する料理コンテスト「グランプリセレクション」でパン部門の最優秀賞を獲得した、このパンの魅力を紹介しよう。

■手乗りサイズのかわいい野菜型パン

ベジポンデは見た目どおり、野菜の形をしたとっても可愛らしいパン。トマト、えだまめ、かぼちゃの三種が、パイ生地でできたバスケットに詰められ、まるでお菓子の国のお野菜といったメルヘンな雰囲気を生み出している。

もちろん、ベジポンデの魅力は可愛らしさだけではない。生地はもちもち食感が特徴のポンデケージョ。豊かなうまみのトマトが練りこまれており、まるでピザのマルゲリータのような味わいだ。

えだまめは餃子のように中が空洞で、茹でたえだまめが包まれている。こちらも、噛むと野菜の優しい味わいがふんわりと口の中に広がってゆく。

かぼちゃは中にかぼちゃの餡が詰まっており、かぼちゃの甘みがもちもちのパンと合わさって、相性抜群。

バスケットはパイ生地でできており、こちらもおいしく食べられる。付属のトマトソースにディップすると、より深い味わいに。

■器も含め丸ごと食べられるプリンも販売

「ル・ド・ブリク」が開店するAM9:00に訪れると、焼きたてのベジポンデを味わうことができるかもしれない。ちなみにお値段はバスケットに3つのパンが乗った状態で1セットで300円(税込み)となっている。

また、第一ホテル東京では、同コンテストのデザート部門で最優秀賞を受賞した「アールグレイのティーカッププリン」も、1階のロビーラウンジで味わうことができる。なんとカップまでチョコレートでつくられているという、芸術品のようなカッププリンだ。こちらはお持ち帰り不可。

お近くの読者は、ぜひその味を確かめてみてほしい。

パティスリー「ル・ド・ブリク」【第一ホテル東京】阪急阪神第一ホテルグループ

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)