譜久村聖 (C)モデルプレス

写真拡大

【譜久村聖/モデルプレス=7月18日】モーニング娘。’17の譜久村聖が18日、都内の書店で最新写真集「二十歳」(ワニブックス)発売記念イベントを開催した。

【さらに写真を見る】譜久村聖、ワンピースで美脚披露

譜久村にとって1年7ヶ月ぶり4冊目となる写真集は、19歳の夏から今春までと四季折々の風景とともに撮影された。「19歳から20歳にかけての私を見てもらえることがうれしい」といい、掲げたテーマは「“大人な譜久村”。ハタチで大人だから色気出しますよみたいなテーマです」と語った。

一押しのカットはポニーテール姿でのアップショット。「普段、髪をあげることが少なくて。ポニーテールに抵抗がある。この写真は奇跡的によく映っていたのでお気に入りにしちゃいました!」とはしゃいでいた。

◆20歳を迎えて


昨年10月に20歳を迎えた譜久村は、解禁となったお酒は「飲みました!」と興奮ぎみに告白。「飲んでみたのですがケーキとかで感じるアルコールと違う…。白ワインもマネージャーさんと飲んだのですが、おいしさがわからない。日本酒もアルコール度数が強いのを知らなくてオロナミンCを飲むみたいに飲んだら熱くてビックリ。1番おいしかったのはカルーアミルクです」と舌を出した。

ハタチの目標を聞かれると「これまで10代なのに大人っぽいねと言われることが多くて。本当に大人になったので内心の面でも大人っぽいねと思われたい。これからは歳を重ねる度に若く見えるねと言われたい」と抱負。これまで出版した写真集でも大人っぽさやセクシーさを売りにしていたが、メンバー内での“セクシーさ”は「小田さくらちゃんに負けているかも…」と弱気で「小田さくらちゃんは“うっふん”という言葉が似合う。私はそういうのは似合わない…。でもセクシーだねと言われる量は勝っていると思う!」と対抗心を燃やしていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】