こんにちは。テリヤキ編集部です。本日お届けするコラムは、予約しても食べに行けるまで半年待ちは当たり前!?そもそも予約が取れない!?行けたら超ラッキーな寿司店をご紹介します。※これは、テリヤキ編集部が独自にまとめた記事になります。テリヤキストによる選別ではありません

九州食材推しの成長著しい寿司店『東麻布 天本』東京

2016年6月にオープンしてから1年人気は衰えることを知らず、新規での予約はなかなか取れないお店になったのは東麻布にお店を構える『東麻布 天本』。去年行われた2017年TERIYAKI's BEST RESTAURANTのGOLDに唯一輝いたお店。福岡出身の大将が九州の魚介類を中心に作る料理は、逸品ばかりです。

日本最高峰=世界最高峰の鮨屋のひとつ『鮨 さいとう』東京

日本だけでなく海外からの評価も高いお店が六本木にお店を構える『鮨さいとう』。ミシュランからも6年連続で三ツ星を獲得している同店は、超がつくほどの予約困難店。運良く予約を取ることができれば、鮮やかな職人技やネタに合わせた温度管理、完成度の高いシャリなど日本最高峰の寿司を体験することができます。

もはや生きる伝説『すきやばし次郎』東京

銀座にお店を構える寿司の名店『すきやばし次郎』。御歳91歳の大将が握るお寿司は国宝級。他店の寿司店とはスタイルが違い、握りのみがテンポよく提供されます。そのため、時間にしたら30-40分程度で食べ終えてしまうこともあるとか。それでも人気が衰えないのは、同店が誇るシャリや寿司酢、ネタ、職人の技術どれをみても日本最高峰だからに違いありません。

いかがでしたでしょうか。どちらのお店も非常に人気が高く、簡単に予約が取ることができません。もし、予約を取ることができれば、日本でも最高峰の寿司を堪能することができるかもしれません。TERIYAKI美食倶楽部でも予約困難店での食事会開催しております!ぜひご入会お待ちしております!