CIVILIANと篠原ともえ(画像は『CIVILIAN 2017年7月18日付Instagram「New single『顔』Music Video 公開」』のスクリーンショット)

写真拡大

ロックバンド・CIVILIANが8月2日に発売するニューシングル『顔』のミュージックビデオを7月17日に公開した。コヤマヒデカズの訴えかけるような歌声と篠原ともえが演じる画家を目指す女性の姿が相まって、切なさを感じさせるショートムービーのような作品となった。

【この記事の動画を見る】

CIVILIANはコヤマヒデカズ(ボーカル、ギター)、純市(ベース)、有田清幸(ドラム)によるスリーピースバンドだ。2008年にバンドを結成、2009年から「Lyu:Lyu」のバンド名で本格的に活動をはじめ4枚のシングル、4枚のミニアルバム、1枚のフルアルバムを発表した。2016年7月18日にバンド名を「CIVILIAN」(シヴィリアン)に改名して11月23日、ドラマ『黒い十人の女』のために書き下ろしたシングル『愛/憎』でメジャーデビューする。2017年3月にはアニメ『ALL OUT!!』のオープニングテーマに使われたセカンドシングル『生者ノ行進(せいじゃのこうしん)』を発売した。

『顔』はこれまでライブで演奏してきた楽曲である。7月18日に朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)で同MVが取り上げられると、『CIVILIAN(ex.Lyu:Lyu)(CIVILIAN_LyuLyu)ツイッター』で「今作は篠原ともえさんに出演頂き、素晴らしい作品となりました」とコメントしている。

CIVILIANにとってそうであるように、篠原ともえにとって大きな意味のある映像作品となった。彼女が演じる主人公の女性は「顔」にコンプレックスを持つ画家の卵で、自画像などを路上に並べて売っている。セリフはなく歌が彼女の気持ちを代弁しているように心に響いてくる。なんともやるせないその女性の気持ちを篠原が好演するのだが、ラストに向けて少しずつ明るくなる表情がまた良い。

篠原ともえはこれまでドラマに出演しているが、全編にわたり主人公を演じた経験はこれが初めてではないか。それだけに彼女の新しい魅力が引き出されたように思える。

画像は『CIVILIAN 2017年7月18日付Instagram「New single『顔』Music Video 公開」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)