守りたい願望をくすぐれ!思わずグッとくる「ちょっと弱った女子」ってどんな子?

写真拡大

男性というのは、女子のちょっとした異変に気付きやすいもの。
いつもより元気がなかったり、弱った姿を見かけたときはいてもたってもいられず話だけでも聞いた見ようかと思う人も多くいます。

そこで今回は、男性が守ってあげたくなるちょっと弱った女性の姿について紹介します。

●(1)仕事でミスをして凹んでる

『ミスしてしょげてる姿を見て、そのまま放っておくことはできません』(31歳/企画)

仕事上での防げたミスをしてしまった場合、男性でも女性でも凹んでしまうもの。
そんな場面に遭遇した男性は、いてもたってもいられず何か一言声をかけてあげたくなるものです。
仕事上での失敗は立ち直るのに時間がかかる場合もあり、仕事を辞めるというところにまで至るケースがある重大要素になります。

普段からビジネスの環境に身を置く男性にとって、周囲から見ればたかが仕事でのミスと思われることでも、自分が同じ経験をした時の気持ちを理解しているからこそ、自分の側で女子が落ち込んでいる姿を見ればほっとけないのが男の性 なのです。

●(2)失恋して強がっている

『周りに迷惑かけまいと気丈に振る舞ってる姿にキュンとする』(26歳/インストラクター)

愛する人を失ったとき、人生がどうでもよくなるような気持ちに襲われることがありますよね。
つい自暴自棄になってしまう気持ちを無理やり抑えつつ、失恋した翌日でも普段と変わらぬ表情で強がっている女子を見ると、やはり周囲からすると何か異変を感じるもの。
こういう時に、同性である女子が話しかけても、自分が失恋したことを語るのは惨めなことと思い込んでしまい心と閉じてしまう場合があります。

「誰だって失恋をした後は強がるもの」と女子の共感を得る一言とともに、そばに駆け寄り優しい言葉で諭してあげたくなるのは男性特有のもの なのです。
女子からするとこういうときは関わらずそっとしておきたくなるところですが、男性は一度気になったものには、関わらずにはいられない生き物なのです。
失恋の辛さを経験している男性ほど、失恋した女子の表情を見て何が起こったのか状況判断が冴え渡り、力になってあげたくなります。

●(3)病気で体調を崩して仕事休んだとき

『弱ってる時はできるだけ看病したいです』(31歳/アパレル)

急な体調不良で仕事を欠勤した時、男子は女子のことを気にかけるようになります。
一人暮らしの女子と分かっていればなおさら、食事や身の回りのことをサポートしてあげたいという母性本能が男性の中にも芽生え、守りたくなります。

困った時に支えになる人がいないのは辛いこと。
自分にできることなら、労力を惜しまず相手のために尽くしてあげたいという気持ちを持った優しい男性は、きっと女子のことを守りたくなる気持ちが高まり、行動に移してくれることでしょう。

----------

男性は頼られると嬉しいものです。
ぜひ、ちょっと弱った部分を抱えているときは、男性に頼って守られて見てはいかがでしょうか。

(文/恋愛jp編集部)