遠野なぎこ

写真拡大

17日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、番組レギュラーの遠野なぎこが、過去に付き合った男性の束縛を明らかにした。

番組の「今夜は寝れ9」のコーナーでは、「中国のデパートに“旦那休憩室”出現」と題し、Record Chinaの記事を取り上げた。

記事によると、中国・上海の巨大ショッピングモールに、ガラス張りの小部屋の中にビジネスクラスのような豪華な椅子と、テレビゲーム機を備えた「旦那さん休憩室」が登場したのだという。女性の買い物に付き合いたくない男性からは好評だが、女性からは「買い物に付き合うべき」と不満の声があがっているそう。

この記事についてコメントを求められた遠野は、言葉に詰まりながら男性と一緒に買い物にでかけることが少ないことを明かす。遠野は「(男性と一緒に買い物に)行っていた時期もあるんですけど、お付き合いしていた人の中には、わりと独占欲が強い、抑えつけたい男性と付き合うことが多いから、全部決められちゃうんですよ」と過去に付き合った男性とのエピソードを話しはじめた。

「(出かけるときは)ヒールも履いちゃいけないし、いっつもデニムじゃなきゃいけないし」「美容院も付いてきて、隣で全部指示するんですよ」と、一時期刈り上げていた髪型さえも自分の好みではなく、交際相手の指示でやっていたと打ち明けたのだ。

ほかの出演者からは驚きの声があがり、コメンテーターの倉田真由美氏は「そうなの?最悪ねぇ!」と呆れていた。

【関連記事】
遠野なぎこ 小池百合子東京都知事の変化を指摘「ちょっとショック」
指原莉乃の恋愛観にスタジオがドン引き「犯罪にならない程度の軟禁」
松本人志が「すごい軽蔑」する青山テルマの行為