ラオスサッカー連盟とのパートナーシップ協定を締結した

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は18日、ラオスサッカー連盟とのパートナーシップ協定を締結したと発表した。今後さらに両者の関係を強固にし、両国のサッカー発展のため、積極的に相互協力を図っていくという。

 この日、日本サッカー協会で行われた調印式に田嶋幸三JFA会長が出席した。協定期間は7月18日から3年間。JFAはイランを含めた16の連盟・協会とパートナーシップ協定を結んでいる。


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧